きっと、今まで長い間、
ずっと辛くて悲しくて、
色んなことを我慢し続けて、
耐えてきたんだろう。

本当は欲しいものも、欲しいと言えず。

したいことを、したいとも言えず。

日々のするべきことや、
義務をこなすことに追われて、
自分らしく生きることを忘れる。

そんな悲しい人達は、今の世の中に、
どれくらい溢れているだろう。

 

生きていると、傷が増えていくし、
頑張り続ける必要がある。

悩みや問題が、常にまとわりついてくる。

本当は皆それぞれ、何かと戦ってる。

でも大人には、責任があるし、
何でもないような、
平気なフリをしている。

その負荷が大きくなり過ぎると、
心を閉ざしたり、壊したりする。

 

どこか心が欠けているような、
何か足りないような、
そんな漠然とした気持ちは、
多くの人達が抱えている。

それが何か気づけなかったり、
気づけても、時間やお金がなくて、
諦めたりする。

探しても、見つからなかったり、
見つかっても、手に入らなかったりする。

そんな風にさまようことは、
仕方のないことだけど。

とても悲しいね。

幸せな時間を過ごせたら良いのに。

 

ふとした時に感じた誰かのぬくもりが、
とても暖かくて、愛おしくて、
涙が流れてしまう。

それは、今まで色んなことを、
頑張り続けて、我慢し続けてきたから。

ずっと欲しかった安心感を、
心が感じたから。

そんなぬくもりを、
離したくない、離れたくないって、
思うことは当然のことで。

人は人のぬくもりなしでは、
幸せを感じることはできないと、
つくづく思う。

 

誰かのぬくもりは、
安心感、暖かさ、思いやり、優しさと、
様々な感情を伝え合う。

肌で感じる体温と、心が感じる心。

それはとても心地良い。

誰もが、愛されたいって想うから。

寂しい思いなんて、したくないから。

独りじゃないんだって、
誰かと繋がってるんだって、
証明してくれるぬくもりは、
大切な人同士で分け合っていこう。

 

とても純粋で、健気で、儚げで、
一途な想いを感じると、
どこか罪悪感を感じてしまう。

自分の行動や言葉は、
本当に正しいのだろうか。

一時の優しさは、優しさではなく、
相手をより深く傷つける場合がある。

浅はかな考えで、相手のことを考えず、
自分さえ良ければいいって、
子供みたいな幼稚さは、
いつか誰かを傷つける。

色んな大切なものを、
沢山与えてもらってるのに。

人はいつも、迷って、悩んで、
不安なまま、何かを選んでる。

きっと正しくなんかない。

今さえ良ければいいわけでもない。

それでも愛されたいって願うのは、
ぬくもりを感じて涙が流れるのは、
とても人間らしい感情かもしれない。