俺達が生きてる現実世界において、
物事全ては、トレードオフだと思う。

何かと引き換えに、何かを得ている。

時間も、お金も、物も者も。

何かをすれば、何かができない。

何かを買えば、何かを買えなくなる。

何かを使えば、何かを使わなくなる。

誰かと一緒にいれば、
誰かと一緒にいられない。

そんな風に、全ての物事は、
常にトレードオフで成り立ってる。

人は欲張りだから、
何もかもを手に入れたがるけど。

生きるということは、
常にトレードオフの選択の連続。

何かを失い、何かを得る連続。

そんな当たり前のことを意識すると、
本当に大切なものが見えてくる。

 

トレードオフと言っても、
工夫して効率良く、
色んなものを手に入れることもできる。

例えば、会社の近くに住めば、
交通費と通勤時間の両方を、
少なくすることができる。

友達と飲む場に、恋人を連れて行けば、
友達と恋人の両方と一緒にいられる。

ただ、これらの場合も例外なく、
トレードオフは成立してる。

会社の近くに住むと、
会社の近く以外に住めない。

友達と恋人と一緒に遊べば、
友達となら言えることや、
恋人になら言えることを、
言えなくなったりする。

こんな風に、考えたらキリがない。

 

本当はしたいことがあるのに、
行動に移せなかったり。

本当は欲しいものがあるのに、
手に入れようとしない。

それらの原因は、トレードオフを無視して、
あれもこれも両立させようとするから。

お金は稼ぎたいけど、
労働時間は短くしたいとか。

海外旅行に行きたいけど、
お金は使いたくないとか。

好きな物を食べたいけど、
痩せたいとかね。

だから人は、それらのわがままが、
楽に両立できる話に、
注目して飛びついたりする。

でも、そろそろ気づくべき。

楽に両立できることなんて、
実際は存在しないことに。

様々なダイエット方法が、
生まれては消え、また生まれるように。

内容は変われど、本質的な面では、
楽に両立できる方法として、
見せかけているだけ。

痩せたかったら、食事制限をして、
無酸素運動と有酸素運動を組み合わせる。

方法自体は、こんなに簡単だ。

でもしないのは、その方法がキツイから。

キツイから頑張れない。続かない。
だから痩せない。

何も支払わないから、何も得られない。

買い物と一緒だ。

 

現状に不満を抱えていて、
手に入れたい何かがあるのなら、
迷わず何かを捨てよう。

捨てた先に、得られるチャンスがある。

まずは最初に、代償を支払うんだ。

世の中全ての物事は、
トレードオフで成り立ってるから。