日本人は、自分を過保護に守りたがる人が多い。

警戒・不信・疑い・リスク回避。

それらを驚くほど重視してる。

バッカみたい!(笑)

 

あぁ、確かに世の中全てが正しくはないさ。

悪人だってわんさかいる。

自分を過保護に守りたがるのも、過去の失敗からの学びかもしれない。

でも、リスクを負わないと得られないメリットもある

それに気づいているかい?

 

リスクとメリットは、基本的には比例する。

つまり、リスクが高ければ得られるメリットも大きくなりやすい。

その方式から導き出される答えは・・

リスクを負わない人は、大したメリットも得られないということ。

安心・安定を好む日本人が、恵まれた環境で暮らしながらも、
幸福感が低く、物足りない日々を過ごす原因は、これかもしれない。

 

例えば、凄く魅力的な異性がいるとする。

更に、その人が自分に好意的かつ積極的だとする。

自分にさほど自信がないあなたは、どう思うだろうか。

「何か裏があるんじゃないか?」
「体目当てじゃないのか?」
「お金目当てか?」
「どうせ本命がいるんだろ?」
「マルチの勧誘か?」

なんてことを思い、拒否する場合もあるんじゃないかな。

 

時にそれは正解で、危険を回避できるかもしれない。

でも毎回、何が正しかったかの答え合わせができるわけじゃない。

本当は、純粋に好意を持たれていた可能性もある。

だとしたら、お互いが幸せになるチャンスを捨てたことになる。

 

何かしらの選択をする場合、何が正解で不正解か、考えることも大事。

リスク回避が正しいかもしれない。飛び込むのが正しいかもしれない。

その判断力や勇気が、人生の決め手となる

でも青春としては、積極的に飛び込むことをおススメする。

失敗しても、経験として得られることが沢山あって、
それが今後の人生を生きる力に変わっていくから。

 

過去を振り返ってみよう。

自転車に乗る練習をした時、
ケガをしたり、痛い思いを繰り返すことで、
自転車に乗れるようになった。

きつくて苦しい練習を繰り返すことで、
試合に勝てるようになった。

死ぬほどの痛い思いを乗り越えることで、
自分と愛する人との、血を受け継いだ赤ちゃんを授かった。

このように世の中には、リスクとメリットの背中合わせが沢山ある。

逆にすると、もっと分かりやすいかも。

ケガをしたり、痛い思いを避けることで、
自転車に乗れないままだった。

きつくて苦しい練習をサボることで、
試合に負け続けたり、出場できない。

死ぬほどの痛い思いをすることが嫌で、
自分と愛する人との、血を受け継いだ赤ちゃんがいない。

 

あなたは、どっちを選ぶ?

リスクを避け続け、何も得られないまま歳を取っていくのか。

リスクを負い続け、何かを得ながら歳を取っていくのか。

つまらない日々や、物足りない日々を過ごしてる人は、
リスクを避け続けている可能性が高い。

それでも時間はどんどん過ぎ去っていく。

望まない現状と将来は、全て自己責任。

どんなに言い訳したところで、現状は変わらない。

 

無駄だったとしても、やけどしたっていいじゃん。

何もないまま生きていくより、ずっといい。

人生、山あり谷ありの方が楽しいしさ。

その方が、生きてるって感じがするんだよね。

 

自分を過保護に守り続けることは、
人生の可能性と希望を狭めること。

球技の試合でもそうだけどさ。

守ってばかりいても、点を取らなきゃ勝てないよ。

てか守ってばかりの試合って、つまんなくない?

逆に、点の取り合い合戦って、最高に楽しいよな。

同じだよ。あなたの人生もね。