青春

一般的に、青春と言えば、
十代とか学生時代とか、
若々しさの象徴。

大人でも青春できるって、
声高々に叫んでも、
世の中の認識としては、これが現実。

真っ向から反論したい気持ちもあるけど、
正直、認めざるを得ない気持ちもある。

 

例えば、サッカーをしていたとする。

十代の若者達がプレイしてるのと、
40代のオッサン達がプレイしてるのとでは、
やはり青春っぽさは段違いだ。

そこまで極端な例えじゃなくても、
高校サッカーとJリーグ、
高校野球とプロ野球を比べれば、
分かりやすいと思う。

プロチームの試合を、
青春として認識してる人は少ないはず。

 

客観的に見た若々しさや爽やかさも、
実は青春っぽさの重要な要素。

だからね、30代を越えちゃうと、
そもそも青春なんてできない。

そんな風に思ってる人も多いと思う。

 

でもね。

若々しさは、見た目だけじゃない。

むしろ内面の若々しさこそ、
本当の若々しさであり、
真のエネルギーだと思う。

見た目だけ若くても、
青春できるとは限らない。

でも内面が若ければ、絶対に青春できる。

内面が若々しくてエネルギッシュなら、
それが表情や行動に現れて、表面化する。

大切なのは外見的な若さではなく、
内面の若々しさなんだ。

若々しさは、元気、明るい、無邪気、純粋、
ポジティブ、ひたむき、活発、優しさ、
情熱、素直、思いやりなど、
素晴らしい要素だらけで構成されている。

実年齢が若くても、
それらを持ち合わせていない人もいれば、
実年齢が若くなくても、
それらを持ち合わせてる人もいる。

だからやっぱり青春は、
年齢や環境に関係なくできるんだよ。

何でもそうだけど、ほとんどのことは、
できるかできないかは自分次第。

できるって信じるか、諦めるか。

やるかやらないかも、自分次第。

 

もし、この記事を読んでるあなたが、
青春したいって気持ちでいるなら、
迷わず青春しようぜ。

悔いのない人生を送る為に。