青春についての研究と考察は、
常日頃からしてる。

そこでまた1つ、新たな仮説が生まれた。

それは、青春はドラマチックということ。

よくあること、当たり前のことは、
青春ではないとは言わないけど、
青春になりにくいのかもしれない。

 

例えば、電気屋さんとして起業しても、
青春っぽくはない。

でも、ガラス細工を作る職人として、
一般の人にも教えたり売ったりすると、
とても青春っぽく思える。

どちらも個人としての起業なのに、
青春っぽさが大きく変わる。

この例え話だと、電気屋さんは、
他の会社でも結果は変わらないとか、
クリエイティブでないとか、
他の要素もあるけど。

ひとまず、ドラマチックに焦点を当てよう。

 

試合で逆転勝ちしたり、格上に勝ったり。

できなさそうなことが、できたり。

無理そうなのに、諦めずに立ち向かったり。

そんなドラマチックな出来事は、
希望と感動を巻き起こす。

それは、とても青春っぽいよね。

色んなドラマや映画でも、
必ずドラマチックなシーンがある。

だから面白いんだ。

 

ありきたりな日常だけじゃ、つまらない。

特に、若くて元気な人は、
刺激や変化を求める。

すぐ飽きちゃうじゃん。
いつもの何かなんて。

非日常な何かを求めるから、人は、
色んな作品を観たり、
ギャンブルに走ったり、
ちょっといけないこともする。

そうして色んな経験を重ねて、
新鮮さがなくなって、落ち着く。

どうせこんなもんだって、
分かった気になって、
予測を確定にするようになる。

頭で考えて結論を出して、
行動できにくくなるから、
余計に可能性を狭めるし、
新鮮な気分も感じにくくなる。

それは、つまんない大人。

青春できない大人になったら、
生きてる実感も薄れてしまう。

 

ドラマチックに生きていこう。

年老いて、人生を振り返った時に、
安定して平坦な人生よりも、
山あり谷ありの人生の方が、
充実した人生だったなぁって、思えそう。

変わってても良い。
てか、変わってた方が良い。

珍しい方が面白いじゃん!

少数派上等だよ!

そういう意味では、俺の夢である、
青春屋さんとしての起業は、
まさにドラマチック!(笑)

将来、映画化したいなー。
アニメーションでもいいからさ。

 

よし、決めた!

今年のスローガンは、ドラマチック!

考えれば考える程、
青春はドラマチックである!と思う。

ドラマチックに生きたいなー。

うん、もう会社辞めちゃお!(笑)

でも、ただ勢いで辞めるのはダメ。

それは、ただのバカ。

ちゃんと起業できるように、頑張って、
退社できる状況にしていこう!

俺はそんな感じ!

あなたはどうするの?