2014年12月に、起業するって決めた。

それから、2年と2ヶ月が経って、
少しずつだけど、前に進み続けた。

胸張って言える程の努力は、
してこなかったけど。

それでも、
青春屋さんとして起業するっていう、
はたから見たらバカ過ぎる夢を、
諦めずに追い続けてきた。

それはやっぱり、自分の中で、
青春っていうものが、
とてつもなく素晴らしくて、
心を熱くたぎらせるものだから。

ウォーターボーイズを観てから、
今までずっと、そしてこれからもずっと、
青春に心を奪われてる。

そんな青春を、自分の生き様として、
仕事にしていきたいと思ってる。

 

この2年と2ヶ月の間、散々悩んで、
時に諦めかけて、流されかけて、
それでもこうして記事を書いたり、
勉強したり、構想を考えたりしてきた。

そしてやっと、
起業に向けての道筋が見えてきた。

1番大きな課題だった収益性、
いわゆるマネタイズも、
作ることができそう。

周りの人達にも、起業することとか、
やりたいことを言い続けてきたから、
協力してくれる人や、賛同してくれる人が、
少しずつ増えていった。

仲間の協力を得ることで、
できることの範囲が拡がっていった。

前までは、今の仕事をしながら、
安定した収入を得られなきゃ嫌って、
思ってたけど。

今では、例え不安定で、
リスクを背負うことになったとしても、
絶対に夢を叶えるんだって、
決意と覚悟ができるようになった。

そもそも、何をするにしても、
やってみなきゃ成功するかどうかなんて、
絶対に分からない。

きっと、大抵のことはうまくいかない。

それでも、挑戦と失敗の繰り返しの中で、
成功への道は開けるんだと思う。

だから、やるしかないんだ。

 

大多数の人が将来に絶望していて、
少子高齢化は加速していく一方で、
閉塞感や孤独感も増大して、
年間3万人もの自殺者がいる現状を、
どうにか改善していかなきゃいけない。

その為の方法は、皆が青春すること。

この国の1人1人が、
希望と感動を与え合うことができれば、
その連鎖は拡がり続けて、世界は変わる。

楽しいのは学生時代までで、
社会人になったら我慢と諦めの日々。

そんな常識や現状を、皆で変えよう。

大人でも青春していこう。

理想の未来を実現させようとしよう。

仲間と熱い今を駆け抜け、
希望と感動を巻き起こそう。

その原点を創り出す。

 

この先の自分の人生が、
どうなっているかなんて、決まってない。

望まない運命には、とことん抗う。

きっと逃げ出したくなる時もある。

全てを捨てたくなる時もある。

悔しい時や悲しい時もある。

苦しいことや辛いこともある。

それでも俺は、
諦めないことを選ぶことができる。

 

1人でも多くの人が、
1秒でも長い時間青春できるように。

ウォーターボーイズを、
超える青春をする為に。

毎日、少しずつ、一歩ずつ進もう。

青春全部かけて、駆ける。

理想の未来を実現させる為に。