このウェブメディア、青春Worldsと、
新しく制作する予定の姉妹サイト。

この2つのサイトを比較した時に、
現段階では、姉妹サイトの方が断然、
先に希望が見える。

実際に活動報告やメンバー募集をしたり、
仲間と一緒に色んなことができる。

うまくいけば、どんどんメンバーは増える。

人が増えれば増える程、
できることの範囲が拡がっていく。

仲間達と何かをすれば、
自然と集客や収益が生まれる。

仕事になるかって考えてみたら、
サークル的な集まりの枠は、
超えにくいかもしれないけど。

青春同好会のウェブメディアには、
楽しみなことが沢山あるし、
希望が溢れてるように思える。

 

一方、このウェブメディアはどうかな?

約1年間運営を続けてきて、
未だに低PV数のまま。

更に、例え高いPV数を得られても、
今以上の何をすればいいのか分からない。

例えば、毎日1000PVあったとしても、
その先が何も見えなかったりする。

すぐに思いつく恩恵といえば、
広告収入くらいかな。

目的や目指す所がないと、
今するべきことも見えない。

ただ漠然と、青春する人を増やしたい、
収益が欲しいって思ってるだけ。

それは結果であって、プロセスではない。

大事なプロセスが、抜け落ちてる。

 

青春系の情報発信をして、
沢山の人達に見てもらい、
賛同者を増やしていく。

そのループが生まれたら、
凄く嬉しいし、楽しいと思う。

でもそれだけじゃ、不十分。

文字の力は強いし、
人生を変えることもできるけど。

それだけじゃダメだし、
目指すべき場所、辿り着きたい場所は、
とても遠くにあるような気がする。

 

仲間を集めたり、青春するのは、
青春同好会や姉妹サイトでもできる。

では、この青春Worldsとしての、
ウェブメディア運営の未来は?

青春の素晴らしさや本質を、
文字や画像や動画で伝えるだけじゃ、
例え多くの人達に支持されたとしても、
ただの情報発信に過ぎない。

そもそもウェブメディアの存在意義は、
情報発信・提供なのかもしれないけど。

そこで終わりたくない。
ちゃんとリアルに繋げたいんだ。

そのリアルが、コンサルティングと、
イベントプロデュースだったけど。

賛同者、時間、お金、仲間など、
足りないものだらけで、
今現在は、全然現実的じゃない。

先が見えない。

このまま記事を書き続けても、
何の意味もないかもしれない。

 

でもね、ポジティブに考えてみると、
毎日安定してある、約8PVは、
誰かがこのサイトを見てくれてる証拠。

ほんのわずかかもしれない。

知り合いが見てくれてるのかもしれない。

それでも、どこかの誰かが、
定期的か突発的かは不明だけど、
青春Worldsの記事を見てくれてる。

それは小さな小さな希望。

だから、どんなに苦しくても、
先が見えなくても、前に進もう。

答えは、きっとあると信じて。