進みだした小説家への道

ノンフィクションストーリー、
いわゆる小説を書くと決めてから、
構想がどんどん溢れてきて、
物語のイメージが具体的になってきた。

前に買ったままだった
有名な小説を読みながら、
小説の書き方も学んでる。

 

でもプロとして書くわけではないし、
出版するかどうかも分からない。

いつも通り、まずは自分が楽しんで、
自由に好きなようにやってみる。

だからこそのスピード感を大切にして、
自分なりに青春してみるよ(*^-^*)

 

でも世の中には、漫画家や小説家、
脚本家を目指す人達が沢山いる。

それでも実際にプロになれるのは、
ほんのわずか。

だからこそ、面白い作品は沢山ある。

そんな競合の激しい世界で、
自分の作品を読んでもらえるかな?

 

 

【目次】※読了まで残り約5分

・進みだした小説家への道
・小説を書きたくなった理由
・理想を叶える為の手段
・小説家として青春を加速させる!

 

 

小説を書きたくなった理由

小説を書こうと思った理由は、
作り話だからこそ、
自由に面白い物語を描けると思ったから。

 

リアルで青春するのも、
もちろん素晴らしいんだけど、
やっぱりある程度想定内だったり、
誰かと同じことだったりする。

それに、他人も世界も、
自分の思い通りにはできない。

 

それはそれで、
現実世界の楽しい部分でもあるんだけど、
自由に思い描いた物語もいいなって思った。

作り話なら、全部自由だから、
世界観や制約も自分で決められる。

 

昔から思ってたんだよね。

ゲーム、漫画、アニメ、映画やドラマ。

現実より、作られた世界の方が楽しいって。

 

俺はリアルでも青春して、
空想の作られた世界でも青春を描く。

そうすることで、
青春は更に加速していく!

 

 

理想を叶える為の手段

小説を執筆すること自体、
リアルで青春することにもなるよね。

書き手と読み手がいる時点で、
ブログみたいなもの。

 

販売できるコンテンツになるし、
もしある程度のファンができれば、
グッズ制作やイベント展開もできる。

漫画化やアニメ化とかできたら最高!

そこまでいけたら理想だね(*^-^*)

 

そうなる為には、内容が面白いのは当然で、
広報力などの読んでもらう為の工夫も必要。

こうしてブログで裏話を伝えたり、
SNSで小説家さん達と繋がりながら、
書いたら拡散するのも効果的。

 

そう考えると、今までやってきたことが、
そのまま小説にも生かせるから嬉しい。

YouTubeを始めた時の
ロケットスタートもそうだったけど、
色んなコンテンツが相乗効果を生み出して、
それぞれを生かし合ってる。

地道に努力を積み重ねた結果は、
思ってた以上に強い武器になるね☆

 

 

小説家として青春を加速させる!

リアルで青春系の活動をする
青春コミュニティを作る予定だけど、
小説のファンが増えたら、
作品のオンラインサロンを作るのもいいね!

制作過程を知りたい人、
実際にイラストを描いてくれる人、
イベントで協力してくれる人、
グッズを制作してくれる人。

そんな人達を集めて、
作品をチームで運営していく。

 

想像しただけで、めっちゃ楽しそう!

しかも青春度高すぎ高杉君!

 

物語の内容もどんどん膨れてるけど、
運営や理想もどんどん膨れてる!

そこまでなれたらいいな(*^-^*)

 

でも例えそこまで人気が出なくても、
青春系の活動であることは間違いない。

制作過程もコンテンツになる。

勢いで始めた小説家への挑戦だけど、
考えてみたら、意外とメリットだらけ☆

 

良い意味で忙しくなってきたぞ!

やりたいことだらけだから、
どんどんやっていかないと寿命足りない!

こんなことばかりしてるから、
いつまでも就職できないんだよなー!w