Fight For Liberty

大好きなUVERworldの曲。

夢に対する熱い想いと決意に溢れてる。

唄いながら、泣きそうになった。

この曲を聴いても、夢を追わずにいられる人なんているのか?
ってくらい、本当に最高の青春系ソング!

絶対に後悔しない!
絶対に諦めない!
夢と理想を追い続ける!

そんな熱いメッセージが伝わってくる。

 

大好きなUVERworld

数えきれない程の青春系ソングを連発する彼らに、
俺も負けてられない!って思う。

彼らも彼らなりに、世界を変えようとしている。

希望と感動の世界を創りだそうと、
毎日毎日、真剣に頑張ってる。

曲は勿論、パフォーマンスを見ててもそう感じる。

全力の本気っていうのは、こういうことを言うんだ。

他の似たような曲がない、
オリジナリティ溢れる名曲の数々。

彼らは音楽で、世界に希望と感動を与えてる。

最高のバンドだ。

青春の定義である、
仲間と熱い今を駆け抜け、希望と感動を巻き起こすことを、
見事過ぎるくらい実現させてる。

 

今を駆け抜けろ!

この曲が伝えたいことは、
「今を駆け抜けろ!」だと思う。

「戦って戦って、力をつけろ」とも聞こえる。

 

「叶えたいことと叶わなそうなことが重なって見える」

この部分は、本当に共感する。

夢が大きければ大きい程、現実味がなくなる。

だから、叶えたくてたまらないけど、
叶わないよねって思ってしまうんだ。

どんなに強がっても、不安を考えたらキリがない。

夢を追っていれば、葛藤する時もある。

その度に自分の中で、
情熱の炎と冷めたい雨がぶつかり合う。

でも本当に叶えたい夢なら、情熱の炎は消えない。

不安なんて消えない。例え前に進み続けたとしても。

ずっと自分との戦いは続く。

 

「人生が二度あるなら、こんな険しい道は選ばないだろう」
「でもこの1回、たった1回しかチャンスがないのなら」
「何もかも諦めて生きていくつもりはない」

高まるぅ~☆
くぅ~カッコ良すぎるぜ!!

この揺るぎない覚悟と決意を見よ!

この部分を聴くと、
人生を諦めたり、怠けたり、
流された日々を過ごしてる人が
絶対に間違ってるって断言できる!

たった1回しかない人生なのに、
自分を押し殺して、安定を求めるなんて、
くだらねーよ!つまんねーだろ、そんなの!

 

「戦う時はいつだって1人だぞ」
「でも1人じゃないことも分かるだろう」

あーもう泣きそう!(笑)

戦うのは自分だけど、
支えてくれる人はちゃんといる。

1人で戦っていても、
生きている限り、絶対に1人じゃない。

だってその体には、先祖代々受け継がれてきた、
数えきれない程の遺伝子が存在してるんだから。

託し、託されてきた命の最前線がお前だ!!

その命を、適当に削ってんじゃねーぞ!!

 

「何もなかった日々に力を宿せ」

やれることはある。
できるのにやってないだけのこともある。

自分なりの力を高めていこう。

努力によって得た力は、必ず未来を変える。

そして、それが『自分が生きる答え』になる。

 

「負けを認め逃げ行く者に優しく手を伸ばす世界はない」
「何も始まってもいないのに理性で戦おうともしない奴ら」

そんな人間になるな。そんな人生を送るな。

だって絶対つまんねーだろ。

理解できないね。

青春しようぜ!!