大人が青春する一番良い方法は、
好きな仕事をすること。

もしくは、好きなことを仕事にする。

 

大人が青春できない一番の理由は、
時間がなくて、合わないこと。

更にその理由は、
仕事に費やす時間が長いから。

だから、その仕事自体を、
青春しちゃえば青春できるってこと。

好きなことを仲間と一緒にやるのは、
青春の代表パターン。

起業しようと思い始めた時は、
好きなことで起業する人を、
サポートするような、
仕事内容にしてみようとも思った。

だけど実際は、とても難しい。

 

人気がある職業は、競争率が高いし。

そもそも、好きな仕事って何?って、
思う人も沢山いる。

更に、好きな仕事といっても、
嫌なことや苦しいこともある。

例えば、車を作るのは好きだけど、
暑い工場内は我慢ならないとかね。

 

理想を思い描いて、
念願の好きな仕事に就けても、
実際に働いてみたら、
全然違うこともある。

同じ仕事でも、会社によって、
内容や環境、人間関係も変わる。

どんな仕事でも、
やってみなきゃ分からないことがある。

これらの理由により、
好きなことを仕事にするのは、大変。

だけど、大人が青春する為には、
一番の近道で、一番良い方法かも。

 

でもそんなことは、皆分かってて。

分かっているのに、
好きなことを仕事にできないのは、
収益を得られないことも理由の1つ。

絵を描くのが好きだけど、
全然売れないとかね。

収益性を生んだり、集客をすることは、
仕事の要であり、最難問だったりする。

でも逆に考えれば、
収益性を生み、集客さえできれば、
どんな仕事でも成功できる。

営業力というか、売る力さえあれば。

理想論っぽいけどね。
あくまで、可能ならって話。

その為には、勉強する必要があるし、
経験も積まなきゃいけない。

本業の技術も高めながらね。

 

好きなことを仕事にできてる人は、
凄く楽しそうで、輝いて見える。

俺は今まで、
好きな仕事をしたことなんて一度もない。

お金を稼ぐ為に仕方なくって感じ。

だからこそ余計に、
好きな仕事をすることに憧れる。

一体、どんな感じなんだろ。

 

起業した場合、
不安はどれくらい大きいのかな。

毎朝起きる時、ワクワクしてるかな。

色んな人達から賛同されて、支持されて、
求められる感覚って、どんな感じだろ。

人を助けたり、人の役に立ったり、
笑顔にしたり、喜んでもらえたら、
きっと自分も凄く嬉しいんだろうな。

世界に、希望と感動を巻き起こすような、
NPO団体を立ち上げたい。

 

仕事に費やす時間は長い。

大人になれば、大半の時間は仕事。

だからこそ、仕事は生き様になる。

どんな仕事をして生きているかが、
人生や人格に大きな影響を与える。

難しいことは百も承知で言うけど、
好きなことを、仕事にしてみよう!