転職への期待

仲の良い友達2人が、転職を考えている。

2人共運送業で、33歳。

給料が上がらないとか、
拘束時間が長いとか、
リスクが高いとか、
肉体的にしんどいとか、
理由は色々あるらしい。

待遇で重視するのは、
やはり給料と拘束時間と業務内容。

そして、転職に期待するのは、
よりよい人生を送ること。

嫌な現状から抜け出し、
理想の未来に向かう為。

誰だって、経済的な余裕は欲しいし、
自由な時間も沢山欲しい。

そうすれば、自分らしく生きやすい。

転職には、そんな期待がある。

この友達2人の転職活動が、
うまくいきますように。

 

俺は最近、仕事が忙しくて、
毎日バタバタしてるけど。

今日は特に、
転職や起業のことばかり考えてた。

こんな仕事、くだらねーとか、
何のスキルにもならないとか、
前時代的とか、色々思ってた。

退社の意思を社長に伝えて、
色々なことを話し合ったり、
引き継ぎの人が入社して、
どうやって指導していこうとか、
未来をシミュレートしてた。

本当に忙しいの?って話だよね(笑)。

 

他にも、地域密着型ウェブメディアとか、
イベントプロデュースのことも考えてた。

仲間は、どんな人が集まるだろうとか、
地域復興の効果をプレゼンして、
市から何かしらの援助をもらおうとか、
良く言えば、色んな構想を考えてた。
悪く言えば、勝手な妄想をしてた。

望まない現状から抜け出して、
理想の未来に向かって行くことは、
不安や怖さもあるけれど。

沢山のワクワクと、希望がある。

時に、その希望は、絶望に変わるけど。

新しい一歩を踏み出す勇気は、
未来の可能性を拡げてくれる。

 

でも今のご時勢、
良い転職先は少ないかもしれない。

そもそも、良い待遇の優良企業は、
離職率が低い為、あまり募集をしない。

転職できて喜ぶのもつかの間、
前と同等か、それ以下の職場ってことも、
珍しい話ではない。

入社してみないと分からないことも、
沢山あるだろうし。

転職に限らず、何が正解だったかなんて、
後になってみないと分からないから。

それでも希望を持って前に進むことは、
青春かもしれないね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

バレンタイン

次の記事

過疎化