青春の定義は、
理想の未来を実現させようとすること。

理想の未来を思い描き、
実現させる為に過ごす日々は、
青春溢れる素晴らしい日々。

でもその反面、辛いこともある。

それは、理想と現実のギャップ。

 

理想の未来は、その人にとって、
辿り着きたい素晴らしい場所。

でもだからこそ、現実の自分が、
とてもみすぼらしく思えてしまう。

理想と現実のギャップを体感して、
その差に愕然とする時もある。

好きなことややりたいことをしていると、
とても楽しそうに見えて、
充実してるように思えるけど。

辛いことや苦しいことも沢山ある。

 

そもそも理想の未来を実現させる為には、
自分自身が成長する必要がある。

そして成長する為には、
負荷をかける必要がある。

筋トレと同じで、
辛いことや苦しいことを経験して、
痛みを味わって、強くなる。

だから理想の未来を実現させることや、
好きなことを好きでい続けたり、
やりたいことをやり続けるのは、
辛くて苦しいこと。

勿論、楽しいことや嬉しいこと、
喜びや幸せも沢山あるけどね。

 

理想の未来に近づきたくて、
でも好きなことばかりしてられるほど、
自由な時間やものを持っていなくて。

「自分何やってるんだろ」
「もうこのままでいいかな」
「リスクを背負う必要ない」って、
思ってしまう時もある。

特別頑張らなくたって、
それなりの幸せは手に入るから。

 

頑張らない方が楽だもんね。

自分の現状は、
誰かにとっての理想かもしれないし。

評価以外の普通は、理想に近いし。

健康で平和な生活を送れれば、
それだけでも、本当は十分なんだ。

 

そう、こんな風に、
頑張らない理由探しなんて簡単。

いくらでも出てくる。

そして多くの人達は、流されて諦めて、
それなりの毎日を生きていく。

多分、それも正しい。

 

でもね。

多分、それだけじゃいけない気がする。

根拠なんてないけど。

俺達は、何かの為に生まれてきて、
今を生きているから。