付き合ってるけど、
付き合っちゃいけない人との恋。

そんな恋を、
終わらせる気持ちを唄った曲。

完全に女性目線の曲。

切ない。でも良い曲!

 

付き合っちゃいけない恋。
禁断の恋。

男目線では、あんまり聞かないよね。

何でだろ?

男は、浮気する生き物だから?

この辺が男女差かも。

生物学上は、
男は沢山の女と関わりを求め、
女は1人の男がいればいい。

でも、好きになっちゃったら、
しょうがないのかもね。

俺は、パートナーがいる人を、
好きになったことはないけど。

中には、パートナーがいることを、
隠されてる場合もある。

中には、パートナーがいる人を、
あえて好きになりやすい人もいる。

それは人それぞれ、千差万別だから、
本人同士が良ければ、
それでいいのかもしれないけど。

良くないって分かってるからこそ、
してみたくなるのかもしれないけど。

中には、本当に心から愛し合ってるけど、
たまたま出会う順番が違って、
相手にはパートナーがいて。

でも一緒にいたくて、
一緒にいる人達もいる。

体の関係を持てば会ってくれるから、
体だけの関係になる人もいる。

そんな切ない関係も、
好きだからしょうがないかも。

だって、愛し合ってる想いは、
禁断ではない恋愛も、
禁断の恋愛も、同じでしょ?

本当に心から好きな人がいると、
まともな思考や判断なんてできない。

世間一般的には間違ってるかもしれない。

誰からも認めてもらえないかもしれない。

誰かを傷つけたり、不幸にするかもしれない。

でもね、それでも、
誰かを本気で愛する気持ちを、
大切にして欲しい。

自分に嘘をつかないで欲しい。

凄く個人的な意見だけどね。

 

この曲は、そんな想いよりも、
頭で理性的に考えて、
別れることを決めた曲。

強い決意を感じる。

「決して幸せになれない恋。」

「決して叶うはずのない夢を見ていた。」

「もうだめよだめ。もう終わりにしましょう。」

「最後の最後に抱き合ったら、そこから先は、赤の他人。」

でもサビの入りが、
いつも「愛してた」なんだよね。

サビの歌詞が凄く良い。

「こんなに辛かった」
「もう離れなきゃいけない」
 って、 伝わってくる。

名言だなって思ったのが、
「私、あなたと別れるんじゃない。あなたを愛した自分と別れるの。」
ってとこ!

凄い!って思ったよ。
確かにそうだよね。
好きなまま終わる恋愛の最後って。

相手との決別は、
相手を愛してた自分との決別でもある。

深いわぁ。切ない!本当、名曲。

是非聴いてみてね!