2018年5月6日に、
フェニックスの試合観戦をした。

青春

試合終了33.7秒前で、同点。

バスケの場合、残り30秒以下になっても、
試合の勝敗が分からないから面白い。

青春

 

そこから、相手が点を入れて、
残り0.6秒で逆転された。

残り0.6秒で、何ができるの?って、
バスケ観たことない人は思うかも。

でも、この残り0.6秒で、
シュート1本打ってるからね。

結果、惜しくも入らずに負けちゃったけど、
最後の最後まで、
どうなるか分からないリアルな緊張感は、
その場にいないと味わえない。

 

この試合を観て、色々と考えさせられた。

相手もリーグ降格がかかっていて、
必死に戦っていた。

試合前の予想では、フェニックスの方が、
断然勝つ可能性が高いと思われていたけど、
結果的に相手が勝った。

逆転シュートが決まった瞬間、
相手の応援席は総立ちで歓喜していた。

俺も前にフェニックスの試合を観て、
同じように歓喜した時があったけど、
あれも生でリアルにその場にいないと、
味わえない感覚。

普段は脳が体を動かしてるけど、
その時は、心が体を動かしてる感じ。

 

 

青春

その後は、フェニックスに20年在籍した
大口選手の引退セレモニー。

色んな人達の想いが交差して、集まって、
1つの歴史が幕を閉じた。

俺はまだ、フェニックス歴が浅いけど、
本当に伝説的に凄い選手だった。

引退セレモニーを見ただけでも、
それが伝わってきた。

 

 

更にその後は、企画書を渡す為に、
フェニックスの広報の人に会った。

凄く緊張したけど、広報の人が、
「それなら社長に言った方が良い」
と言ってくれて、案内してくれた。

まさかの展開に、
ドキドキが止まらない(笑)。

心は「また次の機会でいいよ!」って、
尻込みしちゃってるけど、
何とか恐怖心に打ち勝って、
社長の元へ歩みを進めた。

今になって冷静に振り返ってみると、
もう今シーズンは今日で終了するから、
次の機会は、早くても9月だった。

 

そして、広報の人に紹介してもらい、
㈱フェニックスの社長に直接会って、
話して、
名刺交換をして、
企画書を手渡した。

「社内で検討してみます」と返事を頂いた。

そして、今からメールを送る予定。

名刺を渡したから、このサイトも、
見に来てくれるかもしれない。

 

何この急展開。

いや、まさか、企画が採用されるなんて、
ほとんど期待なんてしてないけど。

フェニックスの社長と名刺交換をして、
企画書を手渡ししただけでも、
信じられないくらいの出来事。

初めて、初対面の人に名刺渡した(笑)。

今後、どうなるんだろう。

怖過ぎる。ハッキリ言って(笑)。

でも、ちょっと期待しちゃう!