大変なことになった。

とうとう飼育している金魚が
101匹に達した(笑)。

金魚飼育を初めて3ヶ月目になり、
少しずつ金魚飼育の腕も上がって、
弱ってたり病気の金魚を元気にしたり、
金魚すくいですくってきた金魚を、
死なせずに飼育できるようになった。

 

更に金魚すくいの腕も上がって、
金魚すくいで持ち帰る数も増えたし、
大きい金魚もすくうようになった。

先週末は金魚すくいを9回やって、
83匹も持ち帰ってきた。

 

そんなわけで、
我が家の金魚水槽は5つになり、
所狭しと金魚達が泳いでいる。

水替えやエサやり、体調管理など、
やることは沢山あって大変だけど、
可愛いし成長が楽しみだから、
全然苦じゃない。

 

 

とはいえ、家のスペースには限りがあるし、
金魚が増えれば
水槽も増やさなきゃいけないし、
水替えやエサやりの手間と時間も増える。

金魚すくいの腕も
もっと上がっていくだろうから、
今後更に金魚の数は増えていく。

当然ながら、死んでいく金魚の数よりも、
お迎えする金魚の数の方が多いから、
飼育数は増える一方。

 

かといって金魚すくいは我慢できないし、
すくったからには飼育したい。

金魚屋で売ってる良い金魚も探したいし、
繁殖もやってみたい。

でも誰かにあげる気もないし、
捨てる気もなければ売るつもりもない。

そんなわがままな気持ちによって、
完全に増える一方のシステム(笑)。

 

 

まぁ、単純に考えたら、
水槽を増やし続けるしかないよね。

でも金魚の寿命って意外に長くて、
10年以上生きる場合もあるらしいから、
このままいったら養魚場なみに
大量の金魚を飼育することになる。

3ヶ月で100匹だから、1年で400匹。

水槽の数は今5個だから、1年で20個。

20水槽はキツいなー!
もちろん400匹も大変そう!

繁殖も含めたら、もっと増えるし。

 

やっぱり最終的には、
誰かに金魚を渡すしかないかも。

販売するにしても、金魚は安いから、
商売として成り立たせるのは難しい。

てか何屋なの?って感じだよね。

青春屋じゃなかったんかい!って(笑)。

 

 

金魚の販売をする為に、
何か資格とか許可は必要なのかな?

祭りやイベントの金魚すくいは、
出店希望を申請すればできそうだけど。

 

金魚すくいの金魚は、
選別ではじかれた個体で、
そんなに質は良くないから、
安い値段じゃないと売れない。

高くても1匹100円くらいかな?

そんなはした金の為に
商売する気にはなれない。

 

だからといってタダで渡すのも、
こっちにメリットないし。

そもそも金魚って、
実はそんなに人気ないし(笑)。

 

やっぱ金魚すくい屋として
祭りやイベントに出店しようかな。

それしかなくない?

でも選りすぐりの金魚達だから、
その辺の店より良い金魚だらけ。

「高級金魚すくい」とか言って、
集客しちゃおうかな?

何だか楽しそう。

高級なのに1回300円なら集客できそう。

でも少しめんどくさいな(笑)。

 

本当にどうしよう。

良い解決策が、全然思いつかない!