起業するという夢を叶える為に、
無収入になってでも集中して
全力を尽くすつもりだったけど。

気が付けば退社して4ヶ月も経った。

4ヶ月も経った割には、
全然起業できる気配もなくて、
そもそも足りないものだらけで、
無力さを思い知る毎日。

 

こんなに長期間自由に過ごして、
ほとんど進まないってことは、
そもそも何かが間違ってる。

というか、そもそも起業したいの?
とさえ思うようになった(笑)。

 

普通に考えて、
4ヶ月も経って何も進まなかったら、
やる気ないって思うよね。

自分でも、何してたんだろうって思う。

 

 

大して進まなかった原因は、
自分の行動力が足りなかったせい。

そしてその理由は、
自信がなかったことと、
やる気が低かったこと。

 

もうこれは認めざるをえない。

多分俺は、そんなに起業したくない。

したいけど、そこまでしたくない。

ずっと目指していた起業は、
俺には難し過ぎた。

 

そして、以前やる気が高かったのは、
前に勤めていた会社を辞めたかったから。

「こんな所にはいられない」
っていう反発心や怒りが、
モチベーションを高めていた。

でもその気持ちは、退職と同時に消える。

ある程度の制限や怒りの感情は、
行動力をかきたてる。

制限も怒りもない自由な毎日は、
行動力や気力を減退させる。

 

 

ただ、自分が好きなことや
やりたいことを突き詰めていくと、
結果的に起業というか、
フリーランス的な働き方になる。

そのことに気がついた。

 

俺は普通の人達より何倍も、
「自由に好きに生きていきたい」
という気持ちが強い。

23歳~28歳までの5年間、
スロットで生活費を稼ぎながら
自由な生活をしていた頃が、
ある意味自分らしく生きていた。

好きなことをしながら
自由に生きていくという点では、
今も昔も変わらないんだろうな。

それが結果的に起業に繋がるし、
青春することにもなるから、
やることは変わらないんだけど、
その意識は今までと全然違う。

かなり自分主義で、自分勝手。

でも、それが好きだからしょうがない。

 

青春

 

目指す行き先は変わらなくても、
信念や手法は大きく変わっていく。

だから借金してまで自由を選ぶし、
その為に前に進んで行く。

休みたい時は休むし、やりたい時はやる。

その代わり、自分に嘘はつかないし、
楽しさと幸せを追求し続ける。

 

そうやって生きていきたい人は、
絶対に沢山いると思うから、
そんな人達の理想を叶えて、
先駆者として駆け抜けていきたい。

どんなに辛くても苦しくても、
俺は生きている限り、
青春することをやめない。

やりたいことをやり尽くして、
悔いのない人生を送ってやる。

俺の生き様、見とけ!