怖さと不安

幸せになればなる程、
大切になればなる程、
それを失うのが怖くなる。

少し前までは普通だった、
普通の生活に戻るのが怖くなる。

もう知ってしまったから。
絶対に失いたくない日々を。

世界の彩が変わった。
ライフスタイルが変わった。

 

ただ一緒にいて、
ドライブしながら会話して、
くっついて、キスをする。

「そんなの、何が楽しいの?」って、
好きな人がいない頃の俺は、
思ってたかもしれないけど。

そんなことが、とてつもなく幸せで、
いつまでもしてたいって思う。

ずっと離れたくないって思う。

愛しちゃったから。

 

でもどこか、自分の一部が、
ささやかな抵抗を試みる。

「もうこれ以上好きになるな」
「どうせその内別れるんだから」
「熱々なのは最初だけ」
「もっと近くの人の方が良いよ」

だから相手からの愛情表現が少ないと、
こっちもすねた気分になる。

「別にいいし」って。

いっそのこと、
しばらく会わないようにしようとか、
連絡取るのやめようかなとか、
思ったりする。

でも、もう戻れない。

知ってしまったから。
心から誰かを愛する気持ちを。

絶対に失くせない。

 

9月になって、
季節は秋になっていくけれど。

きっと良いことが沢山あって、
沢山の思い出が増えていく。

そう願うよ。

でもどこかで、不安が消えない。

信頼してないわけじゃない。

でも今みたいな付き合い方が、
いつまでもできるわけじゃない。

彼女は今はまだ、内定も決まった、
夏休み中の自由な大学生。

夏休みが終わったら?
社会人になったら?
遠距離恋愛になったら?

12歳差の恋愛なんて、
うまくいくわけない。

そんなこと、思いたくないのに。

そう思ってしまう。

未来は決まってないし、
望む未来は自分で作っていけるのに。

ただひたすら感情に溺れて、
ずっと一緒にいられる未来を信じてる彼女。

感情を抑えようとして、
いつか離れる未来を予測している彼氏。

弱いな、俺。

ネガティブな未来を予測するのは、
いつか味わうことになるかもしれない、
傷や痛みや苦しみに耐える為。

 

いつから、こんな風になった?

やるべきことをやらずに、
全力を尽くさずに、
ただ未来を嘆くなんて、
青春じゃない。

いつから、理想の未来を諦めた?

理想の未来はちゃんとあるのに、
自ら目を閉じてるみたいに、
みすぼらしく生きるようになった?

このままじゃ、未来の惨劇は回避できない。

また同じことを繰り返すだけ。

どんなに傷ついても、苦しくても、
ゆるがない強さと愛が欲しい。

俺はまだ、ちゃんと向き合えてない。

彼女にも、自分自身にも。

言い訳をして、逃げ道を探してる。

もう二度と、大切な人を失いたくないのに。

失いたくないからこそ、
失った時のことばかり頭に浮かぶ。

そんなの嫌だ。

純粋に素直に、
会いたいし、一緒にいたい。

 

何でだろ?

何で、こんなこと考えてしまうんだろ。

あんなに沢山の愛情をくれて、
信じてもらえているのに。

大切なもの程、
失くした時の傷が深いから?

優先してもらえないから?

負担が一方的だから?

まだ付き合って1ヵ月も経ってないのに。

何でこんなに好きになったんだろ。

 

付き合って3週間記念日、おめでとう。

俺、もっと強くなるから。

いつまでも、
あなたと一緒にいられますように。

Follow me!

怖さと不安” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。

前の記事

夏と夏祭の終わり

次の記事

信じる強さ