クリスマスと年末年始

今年も12月に突入。
2018年も、残り30日をきった。

この時期になると、
クリスマスや年末年始の雰囲気になる。

正直、クリスマスも年末年始も、
全然好きじゃないけど、
「今年も終わりかぁ」ってしんみりしてる。

 

世間はそれらのイベントムードで、
遊びや買い物をアピールしてくるけど、
借金生活をしてる俺にとっては、
何となく心苦しい気持ちになる(笑)。

恋人に良いプレゼントを買ってあげたり、
豪華なお祝いをしてあげたいと思うけど、
なかなか難しい現状が情けないな。

 

そう思いつつも、世間のイベントなんて
どうでもいいって気持ちもある。

でも、クリスマスや年末年始を、
家族や恋人、友達なんかと一緒に、
お祝いできるのは幸せなこと。

とても暖かい時間だと思う。

だから大切なイベントなんだよね。

 

 

守る為の試練

一緒にいてくれる人の存在って、
凄くありがたい。

でも孤独の中でひたすら頑張る時期も、
時には必要だとも思う。

 

ずっと心地良いだけでは、
成長できないし青春できない。

どこかで苦しみや悲しみを抱えて、
それらを乗り越えることも大切なんだ。

大切なものや人を守る為にもね。

 

 

傲慢な未熟さ

目の前の人を幸せにすることも大切だし、
まだ見ぬ沢山の人を救うのも大切。

どっちもできればベストだけど、
どちらかしか叶わない場合もある。

 

どちらにせよ、自分の発言や行動で、
誰かを救ったり幸せにすることは、
公私共に一番大切なこと。

分かっちゃいるけど、未熟者の俺は、
どうしても自分が第一になって、
大切な人の大切さや優しさを、
傲慢にも当たり前に思ったりしてしまう。

感謝しているつもりでいても、
恩返しなんて全然できてないし、
どこかないがしろにしてる。

まだまだだね。

 

 

相手は1人の人間

沢山の人達に青春してもらったり、
楽しませたり救ったりすることも、
相手は1人1人の人間。

1対1を大切にできなかったら、
1対多も大切にできないに決まってる。

信用だって同じ。

全ては1の積み重ね。

大きなことばかりに目を向けず、
小さなことも大切にしていかないと、
夢も理想も叶わない。

 

 

みんなが目指してるもの

本当に大切なものは何ですか?

 

この問いに対する答えが、
お金や物である人は少ないはず。

だって本当に大切なものは、
お金や物じゃなくて人だから。

 

大切な人の存在こそが宝物。

大切な人を増やして、
その人達に大切にされて、
自分も大切にする。

それができれば、
大人の青春も世界平和も実現できる

手法や内容はどうあれ、
みんなが目指してるのはそれじゃないかな。

 

 

まだ見えない答え

自分がピンチで大変な時こそ、
周りの人を大切にするべきかもしれない。

求める意味ではなく、与える意味として、
自分より大切な人を優先して生きていけば、
お互い幸せになれるのかもしれないね。

 

どうなんだろ?

薄情者で嘘つきな俺には、
まだ分からないけど。

少しずつ、変わっていけたらいいな。

そうすれば、道は開けるのかもしれない。