壮大な夢追い人はカッコイイ

大きな夢とか大きなビジョンって、
カッコイイし憧れる。

例えばキンコン西野さんだったら、
「ディズニーを倒す」。

ホリエモンだったら、
「低コストの宇宙旅行を実現させる」。

そんな途方もなく壮大な夢を、
迷うことなく堂々と宣言してる。

 

かなり難しいことだけど、
大きな夢の実現に向かって
日々努力を積み重ねて走ってる姿は、
多くの人達を惹きつけ、
希望と感動を与えている。

ほとんどの人達が
無意識の内に諦めてることを、
「大丈夫、できるよ!」と言い、
熱い今を駆け抜けてる。

夢を追うってことは青春そのものだ。

そういう人になりたい。

 

 

 

夢を思い描くのは難しい

とは言っても、俺みたいな一般人が、
壮大な夢を思い描くのは難しい。

理想の未来を思い描いてみたところで、
誰にでも思いつくことばかり頭に浮かぶ。

壮大な夢は、想像することさえ難しい。

 

青春する大人が増えることによって、
少子高齢化社会に終止符を打つとか、
青春屋として起業して成功するなんて、
みんなにとっては割とどうでもいいこと。

もっと自分やみんながワクワクしたり、
希望や感動を抱けるような何かを、
見つけて目指していきたい。

今のところ、それが何かは、
まだ見つけられずにいるのが現実。

 

 

 

最初は自分1人で始める

どんなに大きな夢でも、
最初は自分1人からスタートする。

自分が何かを始めて結果を出して、
少しずつ仲間や賛同者が集まって来て、
少しずつ規模が拡大していく。

 

大金を稼いだり、アクセス数を高めたり、
理屈で理解できる成果も良いけど、
俺は感情にうったえる何かをしたい。

人は感情で動く生き物だし、
理屈より感情の方が青春っぽいから。

楽しさや達成感、満足感や幸せを追求して、
絆を深めていけたらいいな。

 

 

 

答えが見つからない迷子

何だかフワフワした考えばかりだけど、
こんなちっぽけな自分は、
何がしたくて何ができるんだろう。

色んな知識や情報を集めて、
色んなことを分かったつもりでいて、
結局は何も進歩してない気がする。

 

青春屋として起業したい気持ちは、
4年前の自分のものであって、
今の自分と必ずしも一致するわけじゃない。

今はどこか気落ちしてる。

したいことが少ないし、
したくないことは沢山ある。

ハッキリ言って、気力も情熱もない。

いつからこんな風になっちゃったんだろ。

 

漠然と何か熱いことをしたいとは思う。

普通に会社員として働いたり、
家でのんびり過ごし続けるのも嫌。

起業して自分でお金を稼いで、
自由に好きなことをして生きていきたい。

でも、その「何か」が見つからない。

もちろん青春したい気持ちはあるけど、
実際に何をしたらいいのか分からない。

 

目指す場所が分からないから、
何をしたらいいのか分からない。

計画と目標がなければ、行動できない。

そうしてる内に時間が流れて、
気が付けば借金生活になっていた。

これは完全に自分のせい。

勢いで退職したのは良かったけど、
その後は完全に迷子(笑)。

 

 

 

自由に好きに生きる為に

でも、自分の本音をさらけ出してる内に、
少し自分なりの答えが見えた気がする。

半年以上の無職期間中にしてきたこと。

それは、自由に好きに生きること

正直、それが今一番したいこと。

 

好きな時間に寝起きして、
好きな時に好きな予定を入れる。

好きな時間にスマホをいじって、
好きな人と会いたい時に会う。

好きな物を食べて、好きな場所へ行く。

そんな生活って最高だよね(*^-^*)

 

自由に好きに生きる為には、
お金と時間が必要。

両方持ってないと自由に生きられない。

でもどちらかというとお金を稼ぐ方が優先。

高い時給計算でお金を稼げれば、
その分、自由な時間も確保できるからね!

 

自由に好きに生きる為にも、
好きなことでお金を稼がなきゃいけない。

嫌なことをしてお金を稼いでも、
自由に好きに生きてることにはならない。

でも好きなことだけするって制限すると、
未知なる可能性も捨ててしまうので、
嫌なことはしないってレベルでいいかな!

どんな仕事でも嫌なことはあるから、
嫌なことより好きなことが多ければ良し。

そんな新しい認識で、色々やってみる!

Follow me!