多くの人の為になる仕事

今までしてきた仕事もそうだけど、
今自分がやろうとしていることや、
叶えたいと思っている夢は、
自分の為になることばかりな気がする。

幸せになる為に頑張ることは、
けして悪いことではないけど、
自分の為だとどこか虚しい。

 

でもだからと言って、
誰かの為に何かしようとしても、
何をしたらいいのか分からない。

青春する人が増えたら、
世の中はもっと良くなると思うけど、
それも漠然とした答えにすぎなくて、
具体的なゴールが見えない。

 

もっと人を救ったり、
感動を生み出せる仕事がしたい。

今みたいにブログやSNSで
情報発信をしているだけじゃ、
それほど誰かの為にはならない。

もっと具体的に、本質的に、
多くの人の為にできることって何だろう?

 

【目次】※読了まで残り約5分

・多くの人の為になる仕事
・自分にしかできない貢献
・本当の幸せを見つけた
・病み人だらけの世界
・人生を懸ける答え探し

 

 

自分にしかできない貢献

例えば、医者って凄いよね。

難しい知識や技術を習得して、
病気やケガをした人達を救う。

絶対的に世の中の為になってる。

どんな仕事でも世の中の為に
なってるんだけど、貢献度が段違い。

 

自分の為に働く人は多いけど、
俺の場合、自分の為に色々頑張っても、
どこか虚しかった。

報われる報われないは関係なくて、
実際に誰かの為にはなってるんだけど、
自分がいなくても世界は何も変わらない
仕事ばかりしてきた。

 

ただの歯車で、代替え可能な業務ばかり。

そんな仕事、やる気が出るわけないよね。

 

だから自分にしかできない仕事がしたい。

思いっきり誰かの為になって、
溢れるほど感謝されて、
嬉し涙を作り出せる人になりたい。

 

その為には、好きで楽しいことだけ
やっててもダメなんだ。

起業や仕事に対する俺の考え方は、
アイディアや構想も含めて、
他者の気持ちがあまり考慮されてなかった。

 

例え自分が嫌な思いをしてでも、
結果的に誰かの為になることで、
想像以上の喜びが味わえる仕事が
できる人間になりたい。

 

 

本当の幸せを見つけた

ほとんどの人は、
自分が幸せになる為ではなく、
誰かを幸せにする為でもなく、
周りから幸せだと思われる為に
仕事を選んで頑張るのかもしれない。

資本主義で競争社会の中では、
自然と順位付けされてしまう。

実際に日本人は、子供の頃から
そういう教育を受けてきた。

 

年収は高い方が凄くて、
有名な会社に勤めていたり、
良い生活をしている人が人生の勝ち組。

そんな人生は楽しくて幸せ。

だからみんな、そんな状態を理想とする。

 

でもそれが本当に正解なのか?

俺は違うと思う。

 

もちろん、人それぞれの価値観や
求めるものは違うから、
絶対的な正解なんてないけど、
少なくとも俺の理想は違う。

自分が幸せになることじゃなくて、
自分にとって大切な人達や、
苦しんで辛い思いをしている人達を
幸せにすることが一番大切。

そのことに、やっと気づけた。

 

 

病み人だらけの世界

誰もが、世の中のほとんどの人と
関わることなく毎日を過ごす。

でも実際に、心が壊れてしまったり、
死にたいくらい苦しい思いをしている人は
沢山いる。

 

実際に俺の一番の親友は自殺してしまった。

SNSでも、
心を病んでいる人達を沢山見かける。

 

人を救うことは、
とても難しい場合もあれば、
ほんのささいなことでできる時もある。

傷ついていたり、悲しいからこそ、
人の温かさや優しさが心にしみるから。

 

心が壊れるくらい悲しくて辛くて、
誰も信じられなくて、心を閉ざして、
深い闇に落ちてしまう気持ちも分かる。

でも、そんな風になっても、
今生きてくれてて良かったと思うよ。

生きてさえいてくれれば、
希望と可能性は残っているから。

 

気の利いたこと言えなくてごめん。

 

 

人生を懸ける答え探し

自分がしたいこと、成し遂げたいこと、
理想の未来や叶えたい夢。

それらを自分の為だけでなく、
大勢の為になる何かって何だろう?

 

50を100にするのもいいけど、
-50を0にするのも大切。

解決しなきゃいけない課題や、
救わなきゃいけない人は、
世の中に沢山存在している。

 

こうして文章を書いているだけじゃ、
気休め程度にしかならない。

お金じゃ解決できないことも多い。

医者やカウンセラーは沢山いる。

 

俺にしかできないことは何だろう?

自分に託された果たすべき使命は?

 

誰かの為に何かすることが、
回りまわって自分の為になり、
増幅した力で、また他の誰かの為になる。

そんなループを生み出せないかな。

 

その為の答えはまだ分からないけど、
本気で人生を生きる為のヒントが、
少し見えた気がする。

この答え探しは、多分一生続くんだろうな。

考えてるだけじゃ見つからないから、
実際に人生を懸けていくしかない。