世界一青春してる状態って?

「世界を青春で染め上げる」とか、
「世界一青春する」とか、
宣言してみたのはいいけど、
具体的な達成条件は何にしようかな。

抽象的な目標ほど、
達成したかどうかの判断が難しい。

 

やっぱり、明らかな現実か、
数値で表す方が分かりやすいよね。

例えば、フォロワー8万人とか。

 

世界一青春する為には、
青春コミュニティを作って、
みんなで青春する必要がある。

となれば、会員数日本一とか?

でも人数には、こだわらないからなー。

 

とりあえず、世界一青春してる状態が、
どんなものか考えるところから始めよ!

いつも通り、書きながら考える。

適当と言えば適当。だがそれがいい。

 

 

【目次】※読了まで残り約5分

・世界一青春してる状態って?
・達成条件は色んな意味で難しい
・競争相手のイメージ
・学生に勝ちつつ1位を取る!

 

 

達成条件は色んな意味で難しい

自分の中のイメージとしては、
青春してる人イコール、
好きなことを仕事にしてる人。

そこで思い浮かぶのは、いわゆる成功者達。

 

そう考えると、世界一青春するなら、
ホリエモンやキンコン西野さん、
イケハヤさんやはあちゅうさん達を、
追い越すか仲間にしなきゃいけない?w

むっずー!でも楽しそう!

 

でもそれにしたって、
評価や判断をするのは難しい。

年収やコミュニティの会員数などで、
例え追い越すことができたとしても、
青春できてるかは分からない。

 

そもそも、青春自体が抽象的だから、
青春してるって状態が分かり辛い!w

でもキンコン西野さんの
「ディズニーを倒す」という夢も、
「映画の観客動員数で勝つ」という、
具体的な達成条件がある。

 

つまり、抽象的だからこそ、
達成条件も自分で決めやすいかも。

難しいように見えて、実は簡単?

どうせなら「カッコイイ名言」っぽい
達成条件にしちゃおう!

 

 

競争相手のイメージ

世界一というからには、
競争や順位で勝ったり、
比較されて一番にならなきゃいけない。

 

そういえば昔、
「世界一の青春の先生」って、
自分で自分のこと言ってたなw

世界で1人しかいないから世界一とか、
屁理屈を自信満々に公言してたw

今となっては完全に黒歴史だ。

 

でもそれも意外とヒントかも。

要するに、
競争相手が少ないことで勝てばいい。

少し卑怯な気もするけど、
心底叶わなそうな目標よりも、
頑張れば達成できそうな目標の方が、
現実味があって楽しそうだし(*^-^*)

 

とか色々散々考えて悩んだけど、
結局、世間一般的なイメージだと、
最も青春してるのは中高校生だよね。

そのイメージを覆したくて、
「大人でも青春できる世界を実現させる!」
って言い続けてきたし、目指してきた。

 

でも実際に中高校生と戦うかといったら、
そうでもない。

十代の学生と大人では、
そもそも青春の内容が違うから。

 

でもヒントの1つにはなったぞ☆

世間のイメージを覆すことができれば、
それはある意味勝ったことになるかも。

 

 

学生に勝ちつつ1位を取る!

これは錯覚でもあるんだけど、
中高校生が青春してるより、
大人が青春している方が、
より青春してる感が強い。

それは、本来ならできないはずのことを
やっているから。

だからこそ難しいんだけどねw

 

世間や自分の判断として、
世界一青春してる証明って何だろう?

最も青春してると判断されているのが
中高校生なら、彼らが競争相手。

中高校生に「俺らより青春してる」と
思わせる何かを成し遂げればいい。

 

思わせる。証明する。現実や数値で。

青春のイメージを覆しつつ、勝つ。

カッコイイ名言的な内容で、
達成した時に歓声が湧くような大きいこと。

クスっと笑えたらベター。

 

単純に「学生より青春する」でいっか!

散々考えたけど、思いつかなかったw

 

更に難しいのが、達成条件。

これは、青春系の何かで1位を取る!

その何かは、今後活動しながら考えるね☆

 

少し強引だったけど、
こんな感じで夢を追いかけるよ!w

応援とご協力を、よろしくお願いします☆