最近、よく思うんだ。

青春は身近にあるって。

意外なところにも、そこら辺にも、
青春するチャンスの種はある。

皆、青春することに対して、
意識が持ててないだけ。

好きなことをやったり、
周りの人を大切にしたり、
真剣に打ち込んだり、
熱い想いをぶつけたり。

そんな時間を過ごせたら、
それは青春してるってことだよ。

 

今日は、俺と社長と問題児と、
3人で面談をした。

問題児の今後についての面談。

全てを他人のせいにして、
自分を守る為の嘘ばかりつく問題児。

そこで俺は言った。

「あれもダメこれもダメで、
次はこうしてみようとか、
ここなら大丈夫かなとか、
色んな業務を試してみたり、
お忙しい中、社長が時間を割いて、
今後どうしていこうか考えてくれてる。

この状態は、当たり前でもなく、
しょうがないわけでもありません。

こうして頂けてる現状に、
恩義の気持ちを持って下さい。」

それに対する問題児の返答は、

「それは思ってます。」という、
言葉だけの言葉だった。

更に俺は続けた。

「思ってるなら、
思ってるだけじゃなくて、
恩義は、仕事で返さなきゃダメです。」

そこで黙る問題児。

そして、社長が泣き出した(笑)。

えー?!何で?

泣くとこあった?(笑)

そして社長は言った。

「俺も頑張ろうっと。」って。

それに俺は続く。

「俺も頑張ろ!皆で頑張りましょう!」

 

社長がなぜ涙したのか、
俺には分からないけど。

いつもニコニコしながら、
何ともない風に見えるけど。

きっと、本当は、
色んなことを抱えていて、
真剣に考えたりしてるんだろう。

親から受け継いだ会社を背負い、
逃れられない十字架を背負い、
社員の生活を守る。

そんな社長の気持ちは、
俺にはまだ分からないけど。

青春の定義である、
仲間と熱い今を駆け抜け、
希望と感動を巻き起こすこと。

今回の面談で、それができたから、
俺達は青春したってことになる。

 

青春するつもりがなくても、
青春してる時があるって、
気づくことができた。

でもそれは、簡単なことじゃない。

日々の積み重ねから生まれたもの。

人を思いやり、共感し、絆を持つ。

そうすることによって、
青春することができたんだ。

 

生きていれば、
苦しいこと、辛いこと、悲しいことを、
いっぱい味わう。

それを繰り返していると、
生きているのが嫌になったり、
逃げ出したくもなるけど。

やってることが無意味に思えたり、
自分には無理って思って、
諦めたくなる時もあるけど。

いつでも、どこでも、
青春は身近にある。

だから希望を持ち続けよう。

 

今日は、大切な社長を、
嬉し泣きさせることができた。

嬉しさや感動の連鎖は、
そこからどこかに繋がる。

青春の連鎖は、世界をより良く変える。

全ては繋がってるから。