こうしてブログを書いているのは、
「待ち」の戦略の1つになる。

書いたブログをネット上に公開して、
誰かが読んでくれるのを待つ。

ツイッターで宣伝する時もあるけど、
基本的には、探して見つけてもらう。

 

でも本当は「攻め」の戦略も大事。

しかも知名度が低い間は特に、
自分からのアピールが重要になる。

 

 

ただブログを書くだけじゃなくて、
色んな人達と会って話すことも大切。

ブログはこちらからの一方通行だけど、
会話ならお互いの意志を伝えられる。

顔を合わせてリアルに接すると、
文字だけでのやり取りよりも、
相手のことがよく分かるし、
絆や信用も生まれやすい。

当たり前のことだけどね。

どうしてもネットばかり見てると、
リアルの重要性を忘れてしまいがち。

 

何千・何万文字になる言葉も、
文字にして読むのはしんどいけど、
会話なら楽しく続けられる。

相手の表情やジェスチャーにも、
性格や人間性が現れたりする。

熱量や本心も伝わりやすい。

心を通い合わせたければ、
会って話すのが一番良い。

逆に、仲が良くても会わずにいると、
少しずつ関係が薄れていく傾向がある。

 

時間

 

身体は1つしかないし、
1日は24時間と限られてる。

社会人はライフスタイルが多様だし、
忙しくて時間が合いにくい。

それが大人が青春しにくい理由の1つ。

 

だからこそ、誰と会うか、
何に時間を使うかは、よく考えて決めよう。

一度にみんなと会えればいいけど、
基本的には少人数で会うことが多い。

誰かと会えば、
他の誰かと会えないことになりやすい。

 

好きな人と会って、
嫌いな人とは会わないことも大事だし、
優先順位や希少価値度も違う。

感情を優先させるべき時もあれば、
損得計算で会う人を決める時もある。

 

そんな小さな選択の繰り返しも、
人間関係を形成する要因になる。

会わないひととは疎遠になるし、
よく会う人とは仲良くなっていく。

 

会えば会うほど相手への好意が増す
「単純接触の心理」もある。

要するに、どれだけ相手の心の中に、
良い意味で自分の存在の割合を増やすか。

それさえできれば、
仕事でもプライベートでも、
良好な人間関係を築けたり、
望む結果になりやすい。

好感や好意を持たれると、
色んなことが良い方向へ動きやすくなる。

 

SuG

 

そこで気をつけることは、
自分を偽り過ぎないこと。

あくまで自然体の自分でいることが、
人間関係の大前提。

矛盾するように聞こえるけど、
ちゃんと好きな人に好かれたいなら、
嫌われる勇気も必要。

誰からも嫌われない人は、
多くの人に好かれることはない。

 

十人十色の人間関係には、
正解はないのかもしれない。

最高の人間関係の作り方は、
個性や価値観によっても変わる。

そして、人間関係によって、
自分自身も変わっていく。

だからこそ、誰と会って誰と会わないかは、
意外と慎重に判断してみてね!