無職状態で自由に暮らしていると、
本当に色んなことに気づける。

 

1人で過ごすことも、
恋人と一緒にいることも、
友達と一緒にいることも、
全部必要で大切なこと。

そしてそのバランスや割合は、
人によって様々。

 

プライベートと仕事の割合も違うし、
その境界線があいまいな人もいる。

それぞれのライフスタイルがあって、
それぞれの世界観がある。

どれも唯一無二で、とても面白い。

 

 

誰と何をやって過ごすかは、
ある程度は自分で決められるし、
決められない部分もある。

やりたいことをやれる時もあれば、
我慢しなきゃいけない時もある。

できることもあれば、できないこともある。

 

人生はゲームみたいなもので、
自分なりにカスタマイズして、
経験値を貯めながら成長して、
物語を進めて行く。

途中で手に入るものもあれば、
失うものもあって、
エンディングに辿り着くこともあれば、
途中で止まったままになる場合もある。

 

そして、ゲームは1つじゃない。

飽きたら他のゲームをすればいいし、
同じゲームをもう1回やってもいい。

自分の居場所や世界は、1つだけじゃない。

いつやめたっていいし、いつ始めてもいい。

誰かや何かに縛られた人生なんて
絶対に送っちゃダメだよ。

 

 

大切な人の存在は必要だけど、
誰かがいなきゃダメとか、
逆らえない存在がいると、
とても不自由になってしまう。

例えば転勤とか、進学先や就職先も、
自分以外の意志で決められることは、
不自由以外の何ものでもない。

給料や査定の為に上司に逆らえないとか、
言うこと聞かないとひどい目に合うとか、
そんな状態はなるべく避けて。

未成年の場合はしょうがないけど、
大人になったなら、
自由に選択して生きていこう。

 

 

俺は借金生活のリスクを背負うことで、
自由なライフスタイルを手に入れた。

「お金のブロック」を外すだけで、
随分自由になれるもんだ。

 

でも借金は借金だから、
いつかちゃんと返さなきゃいけない。

もしくは、自己破産ですっ飛ばす(笑)。

死んで人生を終わらせることもできる。

 

まぁ、そんな物騒な話は半分冗談で、
起業してまともにお金を稼いで、
これから本物の自由を手に入れる。

その方法は無数にあって、
どれだけ時間がかかるかは、
考えたくないくらい途方もない。

やりたいことも山ほどあって、
人生が終わるまでに
全部できないかもしれない。

それでも、やれるだけやってみる。

 

だからみんなも、
自由に生きることを諦めないで。

ありのままの自分でいて、
好きな時に好きなことをして、
たった一度きりの人生を楽しもう。

本当はやりたいこと、やめたいこと、
諦めてること、頑張ってること、
それぞれあると思うけど、
自由に青春していこう。

それが一番良いに決まってるから!

自分だけのゲームを楽しんでね!