自由過ぎても飽きる

ブラック企業を退職してから約半年、
ほぼ無職状態で過ごしてきたけど、
好きに自由に生きる毎日は飽きる

それが今の俺の答え。

 

会社員として働いていると、
「もっと自由な時間が欲しい」
「もっと好きなことをしたい」
って思うことが多いけど、
実際に自由になると、割とすぐ飽きるよ。

何をするかにもよるけど、
遊んだり何かを買ったりする消費活動は、
特に飽きるのが早い。

人間は、生産性を求める生き物なのかも。

 

 

作る側の方が楽しい

前から思ってるし言ってることだけど、
受け取る側よりも作る側の方が楽しい。

サービス、商品、コンテンツ、作品。

お金を出して手に入れるよりも、
作ってお金をもらう方が楽しい。

 

更に、自分が何かすることによって、
誰かが喜んでもらえるって嬉しいよね。

感謝されるって、凄く嬉しいことなんだよ。

人の心は、そんな風にできてる。

何かを生み出して提供できるように、
何かを始めたり、続けてみてね。

 

 

生きやすい世界とは

仕事は、自分が生きやすい世界を作ること

生活費を稼ぐ為に、
嫌なことを我慢してすることじゃない。

 

生きやすさは、楽をすることでもあるし、
理想を目指すことでもある。

どちらにせよ、努力と実力が必要だし、
明確なビジョンや志も欠かせない。

 

時と場合によって、
自分にとっての生きやすさは変わり続ける。

仕事に疲れたから、
休むことが生きやすさになる時もある。

だったらまずは、ゆっくり休むべき。

そして心身ともに英気を養ったら、
次は何かをしたくなる。

そしたら、それをやればいい。

凄くシンプルだよ。

 

まったり生きたい人、
バリバリ働いて成果を出したい人、
会社員として働きたい人、
起業して夢を叶えたい人。

それぞれの正解の元、
生きやすい世界を作っていけばいい。

正解なんて人それぞれだから。

 

 

答えは自分で決める

自分が生きやすい世界を目指してますか?

この問いに「Yes」と言える日々を送ろう。

 

誰に何を言われたっていい。

世間なんて関係ない。

自分の人生は自分のもの。

だから誰にも指図されるべきじゃない。

行動も思考も居場所も、自分で決めるんだ。

 

例えお金を稼ぐための仕事だとしても、
お金の使い道にはこだわってね。

大人になれば生活費がかかるから、
ある程度は望まない出費だとしても、
好きなことやしたいことにも、
ちゃんとお金を使ってね。

やりたいことは飽きるまでやったらいい。

 

 

今を大切に生きる

現実的な結論を言うと、
生きやすい世界を作る為には、
仕事もお金も必要なんだよね。

そして、実力と信用があれば、
好きなことを実現しやすくなる。

 

この大変革時代においては、
ほとんど未来の予測がつかない。

だからこそ、俺達がするべきことは、
自分の本当の気持ちを見失わなず、
今を大切に生きていくこと。

もちろん未来も大切だけど、
今をどう過ごすかで未来も変わるから。

 

やりたくもないことに、
時間という命を無駄に使わないで。

自分が生きやすい世界を作る為に、
今何をするべきか、考えて行動してみてね!