青春できるのは結婚するまで。

twitterで見かけたコメントに、
共感半分、反論半分という感情が、
心に沸き起こった。

 

答えを先に言わせてもらう。

結婚しても青春はできるけど、
青春しにくい環境になる。

でもだからと言って、
青春できない時や、何かを諦める時に、
結婚のせいにしてはいけない。

青春できなかったとしても、
それは結婚のせいではなく、
諦めた自分自身のせい。

とても素晴らしい結婚を、
逃げ道や言い訳にしてはいけない。

それを理解してもらった上で、
話を続けていくね。

 

結婚すると、様々な制限ができる。

特に子供が産まれると、
ライフスタイルや環境は、
ガラリと一変する。

それは事実。

 

お母さんは、しばらくの間、
赤ちゃんにつきっきりになる。

青春するしないの前に、
子育てや家事に追われる日々を過ごす。

自由な時間なんて、ほとんどない。

保育園に子供を預けたって、
その時間は仕事をする。

いつ青春するの?って思うよね。

でもその時間は、かけがえのない、
その時にしか過ごせない大切な時間。

赤ちゃんは、あっという間に成長する。
すぐに大きくなる。

自分の子供が将来、幸せになれるように、
愛情をいっぱい注いで、
愛し愛される人に育てることは、
広義の意味で、青春することになる。

青春の定義は、
理想の未来を実現させようとすること。

自分が好きなことをすることだけが、
青春ってわけじゃない。

それに、自由な時間が少なくても、
読書をしたり、情報収集とか、
家でもできる努力は沢山ある。

準備期間でもあるその時間を、
どう過ごすかで、未来は変わる。

種をまき、水を与える時期があるからこそ、
花開く時が訪れることを、忘れないで。

 

お父さんは、子供が産まれても、
変わらずに仕事をする毎日。

お小遣い制になったり、
奥さんの権力が強まったり、
制限が増えたりする。

週末は家族サービスをしたりね。

男も家事を手伝う時代だし。

独身時代と比べると、
確かに自由は減るけど、
なくなるわけじゃない。

背負うものが増える分、
新しい一歩を踏み出せなくなったり、
挑戦する気がなくなる気持ちも分かるけど。

だからこそ、
自分の生き様を大切にして欲しい。

子供は親の背中を見て育つから。

自分が子供のお手本になる。

家族の為に生きるって決意は、
けして自分を捨てることではない。

自分を諦めることでもない。

自分が進むべき道を、まっすぐ歩き、
希望を持って前向きに生きて行けば、
それだけで最高の教育になる。

 

だから、結婚したって、親になったって、
青春できるし、していいんだ。

結婚は、青春の終わりなんかじゃない。

むしろ始まりにさえできる。

青春を次世代に繋げよう。

大切な子供達の未来を、
世知辛く、閉塞感に満ちた、
寂しい世界にしてはいけない。

仲間と熱い今を駆け抜け、
希望と感動を巻き起こすような、
素晴らしい世界にしていこう。

あなたは、その為に生まれてきた。

青春しようぜ☆