自分の本当の気持ちとか、
適性や傾向なんかは、
意外と見つけるのが難しい。

その理由は、こうありたいとか、
こう思われたいという、
願望が判断を惑わせるから。

きっと他にも理由はある。

 

そんな時は、自分の過去を
思い返してみるのも良い。

そこに答えのヒントがある。

 

 

人は時間の経過や加齢と共に、
色んなものが変化し続ける一方、
ずっと変わらず持ち続けるものもある。

それが本当の個性であり、本当の自分。

 

大人になると、するべきことや
求められることが多くなり、
それらに対応していく内に、
本来の自分を見失う場合がある。

残念ながら、若い頃の方が、
自由に自分らしく生きられる。

だからこそ、過去の自分を思い返して、
本当の自分を思い出すんだ。

 

方法は凄く簡単で、
寝る前や1人でいる時など、
なるべくリラックスできる状況で、
過去の記憶を思い出す。

昔の写真や動画を見るのも良い。

日記やブログを読み返すのも良いね。

やることはそれだけ。

 

そうすると、あの時はああだった、
昔はこんな感じだったって、
色々思い出せる。

そこから本来の自分の気持ちを
知ることができる。

好きだったこと、嫌いだったこと。

夢中になっていたこと、
悲しかったり苦しかったこと。

色々あったはずだよね。

 

 

本当の自分は、今よりもっと、

活発かもしれない

1人が好きかもしれない

自由になりたいかもしれない

恋愛に興味があったかもしれない

友達付き合いが好きかもしれない

 

例を挙げたらキリがないけど、
見失っていたものがあるかもしれない。

それが本当の自分がどういうものか、
答えのヒントになる。

 

今ではできないこともあるし、
無理なこともあるかもしれない。

それでも、そこから共通する何かが、
きっと答えに繋がってるはず。

 

そして答えに辿り着いた時は、
言い訳やできない理由なんて考えずに、
ポジティブな気持ちで受け入れよう。

できれば、やってみて欲しい。

そこから青春が始まったり、
楽しい時間や幸せな思い出が
生まれる可能性が高まる。

 

 

本当の自分で生きることは、
何をするにも大前提。

色んなことをより良くしてくれる。

己を知ることは、それだけ大事。

 

本当の自分を眠らせてる人は、
早く目覚めるんだ。

理想の未来を自ら切り開く為に!