アパートで一緒に暮らして、
結婚はするけど、子供は作らず、
信頼できて、安心できる。

家事もきちんとこなし、
社会性も抜群。

一緒にゲームをして遊んだり、
お出掛けしたり、外食したりする。

そんなパートナーと暮らす日々は、
穏やかで平和な日々なんだろうな。

 

自分もだんだん歳を取っていき、
20代前半の女の子は子供過ぎて、
恋愛対象ではなくなるかもしれない。

毎日一緒に寝て、ぬくもりを感じる。

起きても、いつでも傍にいてくれる。

笑い合って、相手の笑顔が嬉しい。

思いやりを持ち合い、与え合い、
感謝の気持ちを常に抱く。

たまにケンカもするかもしれないけど、
すぐに仲直りできる。

そんな穏やかな暮らしも、
とても幸せなんだなって思う。

 

もしかしたら、
今目の前にある選択肢は、
そんな穏やかな暮らしかもしれない。

誰もが望む幸せは、
実はすぐ近くに用意されていて。

一歩を踏み出せば、手を差し伸べれば、
手に入るものなのかもね。

 

きっと、どんな道を選んだとしても、
心から満たされる時もあるし、
後悔する瞬間だってある。

選ばなかった方の道が、
どうなっていたかなんて、
知ることはできないから。

いつだって、選ばなかった方の道は、
とても眩しく輝いているように見える。

 

大切な何かを得る為に、
捨てなきゃいけないものは沢山あって。

でもその捨てなきゃいけないもの達も、
とても大切だったりして。

大切なもの達が沢山あることは、
とても幸せそうに見えて、
実はとても残酷だったりする。

 

本当の人生を懸ける覚悟や、
進むべき道を進むことは、
思ってた以上に難しくて。

結局、何も選べず、日々に流される。

他人任せの人生なんて、
自分の人生じゃないのにね。

頭では分かっているのに、
大した覚悟なんてできない。

自分も皆と同じで、
結局、自分が一番かわいいんだ。

だから自分を守る。

でも自分ばかり守っていたら、
誰かを守れない。

誰かを守れば、自分を守れない。

傷つきたくなくて、
悲しみや苦しみを避ける。

自分に対しても、他人に対しても。

 

本質的なものを見ようとせず、
表面上の見えるものばかりこだわる。

年齢、見た目、経済力、職業、家柄、過去。

それらは、本当はさほど重要じゃない。

 

人間性、心、生き様、感性、思考、行動。

現代では、これらは再び重要視されてる。

皆、気づき始めてる。

このままじゃいけないって。

変わらなきゃいけないって。

人のあたたかさや繋がりを求めてる。

経済的や物質的な満足ではなく、
心が満たされる暮らしを望む。

穏やかな暮らしは美しい。

本来の人間らしい暮らしは、
ありのままの自分に出会える。

 

人生の岐路に立つあなたへ。

勇気と聡明さをもって、
進むべき道を導き出しなさい。

壊れそうなくらい、悩み抜きなさい。

そうして見つけた答えは、
誰よりも、自分自身が信じてあげること。

さぁ、進もう。

そして、同じように悩み迷いながらも、
一歩を踏み出した、どこかの誰かと、
道を交差させよう。

それも青春。