現代も乱世

乱世

乱世っていうと、
遥か昔の戦国時代ってイメージ。

武力を持って戦い、強い方が勝ち、
勝者は権力や領土を拡大させる。

カッコ良くて強い戦国武将に、
憧れる人は沢山いるし、
見習うことも沢山ある。

その生き様とか、名言も最高だよね。

 

戦国の乱世は、人が沢山亡くなったり、
ひどい思いをすることも多いし、
決して過ごしやすい時代ではなかった。

偉い人に失礼なことしたら、
偉い人の一存で、切腹させられたり。

今の時代では考えられないことが沢山。

殺伐としてるよね。

そんな戦国時代の民が現代を見たら、
何て思うのかな。

魔法の国とか、思うかな。
平和で素晴らしいって思うかな。

 

現代の日本は昔みたいに、
殺し合いの戦はないし、
絶対的な権力者もいないし、
自由で恵まれた環境。

でも、戦いは確かにあるし、
特定の範囲に限定すれば、
強い権力者も存在する。

例えば、会社でいうと社長とかね。

 

普通に働いて、贅沢をしなければ、
誰でも衣食住に困らない生活が、
保証されてるように思うけど。

不自由極まりない生活を、
送っている人もいる。

それは自由の範囲が、
広すぎるせいかもしれないけど。

やりたいことや、欲しいものがあっても、
できなかったり、得られないことも多い。

恵まれ過ぎて、自由過ぎるがゆえに、
希望を持てずに絶望に暮れる人もいる。

それは戦わない人。敗れた人。諦めた人。

表面上は穏やかで平和な現代も、
実は乱世だったりするんだ。

自分を磨き、競争に挑む。
権力に従い、身分をわきまえる。
時に人生を懸けた決断もする。

そんな乱世は、今も続いている。

 

ある映画監督が言ってたんだ。

「今の日本は内戦状態にある。
努力する人と、それをバカにする人。
双方がぶつかり合う戦い。」

なるほど、そうかも。って思った。

周りを見渡してみても、
特別な努力をしてる人は少ないし、
皆、普通からはみ出そうとしない。

無難とか、安定とか、普通を好む。

だから必要以上に表面上を取り繕う。
自分を偽りながら、周りに合わせる。

そういう人達は、
努力して頑張ってる人をけなし、
ひがんだり、否定したり、足を引っ張る。

自由で、好きなことやってて、
充実してて、輝いてて、夢を追う人が、
本当は羨ましいがゆえにね。

 

誰だって、好きなことをやってたいし、
自由に生きたいし、自分らしくいたい。

でもそんなこと許されないって、
諦める日々を送る人が多いから、
努力してる人が理想を手に入れるのが、
どうしようもなく許せないんだ。

正直、頭悪過ぎると思うけどね(笑)。

他人が成功しようが失敗しようが、
自分の現状は変わらないからさ。

もっと自分に集中するべき。

本当に否定するべきなのは、
勇気を持てない臆病な自分。

努力してる他人じゃない。

 

戦う相手は、他人の場合もあるけど、
自分と戦う時の方が多い。

自分に負け続ける人と、勝ち続ける人、
なりたいのは、どっち?

どっちの方が、
理想の未来を実現できると思う?

それを決めるのは、自分の心なんだよ。

 

自分に勝つということは、
諦めずに考えて行動するということ。

希望を捨ててはいけない。いつだって。

さぁ、この乱世を突き進もう。

それが青春するということ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

時間は命

次の記事

理想の未来