年齢と共に体力が落ちていくことは、
一般的によく知られているけど、
気力も年齢と共に落ちていくらしい。

確かに、感情的じゃなくなっている気がする。

それは自分だけじゃなくて、同世代の周りの人も。

たまに「生きるってめんどくさいなー」って思う。

別に病んるわけでもないけど。ふと思うんだ。

毎朝起きて、朝食を食べて、歯を磨いて出勤。
仕事して、帰宅して風呂入って晩飯。
ネットやスマホをチェックしたりして、眠る。

基本的には、その繰り返し。

そんな毎日に、嫌気がさすんだ。誰だってそうかも。

それで、漠然と将来に不安を感じるんだ。

歳を取れば取る程、可能性は少なくなりがちだから。

完全な安心なんてない。
いつ何が起こるかなんて、誰にも分からないんだから。

 

昔何かの番組で見たんだけど、
歳を取ると、脳に変化があって、
感情を司る部分が衰えるとか、聞いた気がする。

そういえば、記憶力も低下していくらしいよね。

感情は、脳で生まれるものだから、
脳の変化によって、感情も変化していく。

まだ33歳なのか、もう33歳なのか、分からないけど。

無気力になるのは、脳の変化だけじゃないと思う。

社会人になると、学生時代のように自由にはできない。

学生時代が自由かって聞かれたら、
そうでもないのかもしれないけど。

許される範囲がなくなっていくっていうのかな。

「もういい大人なんだから!」的な。

枠にはめたがる日本人は、特にね。

そうして本当の自分を押し殺して働く。

社会の歯車としての役割を担っていく。

そして徐々に、本当の自分を見失っていく。

そんな毎日、本当は誰も望んでないのに。

 

あとは、自信を無くすと無気力になりやすいかも。

頑張っても期待していた成果が得られないと、
やるだけ無駄って思ってしまうよね。

「もうやーめた!」って、投げ出してしまったりもする。

そして、期待や希望を持てなくなる。

無気力の悪循環に陥ると、現状は良くならない。

 

無気力から脱却する方法は、2つ。

1つ目は、適度な休息とリフレッシュ。

走り続けることも大切なんだけど、休むことも大事。

どうしたって、煮詰まってしまう時だってあるから。

正しくなくたっていい。認められなくてもいい。

サボったっていいさ。たまにならね。

そんな風に、時には自分を最優先にしていい。

休んだりリフレッシュしたからこそ、頑張れることもある。

 

2つ目は、やると決めたことを無理矢理やってみること。

人間は、行動に心がついていく場合がある。

例えば、無理矢理笑ってみたら、気分が良くなったり。

『幸せだから笑うのは普通。
幸せになる為に笑いましょう。』

昔どこかで聞いたこの言葉は、とても前向きで好き。

やる気ある感じの行動をしていれば、
自然と無気力じゃなくなるかも。

決めたことをやり通すには、強い意志が必要。

特に自分で勝手に決めたことは、
辞めても周りに何も言われないから、継続しにくい。

俺は今年の4月19日から毎日、
1000文字以上の青春に関する記事を、更新し続けることを日課にしてる。

これだって、別に辞めたって何もおとがめなんてないさ。

でも続けてる。決めたことだから。

無気力な時もあるけどさ。

それでも頑張ろうって、思って続けてる。

小さな積み重ねが、いつか道標になってくれる。

あなたもそう信じて、決めたことを続けてみよう。

 

それでも無気力なままだったら、辞めるのもアリ。

また新しい、情熱を抱ける何かを探せばいい。

無気力なままでいて、良いことなんてないから。

いつだって、始められるから。

青春しようぜ。