社会人になると、色んな世代の人達と、
関わることが当たり前。

歳の差が10歳以上あることも、
珍しくはない。

自分の父親世代と一緒に働くなんて、
子供の頃を考えたら、
凄いことのように思える。

子供の頃、絶対的で、
完成されていたように見えた親世代。

そんな人達と仕事をすると、
自分も大人になったんだなぁって、
つくづく実感させられる。

社会人になってから、どんな意識を持って、
仕事やプライベートを過ごしてきたかで、
人間性は大きく変わる。

いつまでも未熟で、
悪い意味で子供のままな人もいれば、
どう頑張っても追いつけないって、
思うくらいレベルの高い人もいる。

そんな人達を見ていると、
日々の成長や今の積み重ねが、
とても大事だと思い知らされる。

悪い見本は反面教師だし、
良い見本はお手本になるから、
自分以外師匠って言葉は、
確かに正しいと思う。

生きている限り例外なく、
歳を取っていくから、
自分も誰かのお手本になれるように、
頑張っていこう。

 

逆に歳下の人達と関わる時もある。

歳上の人達同様に、未熟な人達や、
尊敬できる人達がいる。

だから結局、歳の差による違いはあっても、
人間同士ということに変わりはないわけで。

歳上が偉いだとか、歳下が未熟だとか、
決めつけは良くない。

年齢問わず、1人の人間同士として、
きちんと向き合うことが大事。

偏見や先入観によって、
本当の相手を見誤らないように。

プライベートというか、素の部分でも、
歳の差を感じることがある。

やっぱ、歳が上になる程、
テンションが低い気もする(笑)。

20歳前後の人達と一緒にいると、
少しのことで凄く笑ったり、
元気いっぱいはしゃいでたりする。

一般的な認識として考えてみても、
大人になると落ち着く印象がある。

感情的なのは若い人達で、
理性的なのが大人って感じかな。

今俺は33歳だけど、同年代の人達も、
だんだんおとなしくなってる。

いつからだろ?多分、少しずつ、
落ち着いていったんだろうけど。

少し寂しい気がする。

 

歳が若いからこその、
良いところ、悪いところがある。

歳を取ったからこその、
良いところ、悪いところもある。

歳を重ねて生きていくと、
何かを失いながら、何かを得る。

でも基本的には、ある程度の年齢を境に、
失う方が多くなっていく傾向がある。

だから本当は、歳が若い人達よりも、
歳を取った大人の方が、色々と、
頑張らなきゃいけないと思う。

失い続ける日々は、きっとつまんない。

できることも、失っていくことになるから。

学び続けることは大変だし、
成長していくことも難しいかもしれない。

それでも、青春の定義にもあるように、
理想の未来を実現させようとすることは、
生きていく上で、常に意識していこう。

その方が、絶対楽しいから。