時間の流れは早い

早い。早すぎる(笑)。

もう2016年も4月に突入。
既に今年の4分の1が終了。

歳を取ると、時間の体感速度が早まる。

その理由は沢山あって、

同じ日々を繰り返してたり、
新鮮なことが少なかったり。

数字で表すと、1年の割合がどんどん小さくなる。
10歳にとっては、1年は人生の10%。
33にとっては、1年は人生の3%。

社会人になって働くと、
プライベートな時間が減るのもある。

そうこうしてると、アッという間に、
また1つ歳を取ってしまう。

 

時間は最も強い力

時間の流れには、誰も抗えない。

数えきれない程の命を生み、亡くしてきた。

例外なく、全ての命や物は、いつかなくなる。

そこまで壮大な思考になると、
自分の存在が、とてもちっぽけに思える。

時間を戻すことはできないし、
時間を早く進めることもできない。

どんどん流れていく。

止められない。

 

時間はなくなる一方

自分がいつ死ぬか、寿命は誰にも分からない。

例え手術とかで病気が治っても、
それすら予定通りかもしれない。

人は産まれた時から、死に向かって行ってる。

自分に与えらえた時間を削っていってる。

しかも、ある程度の年齢を過ぎると、
頭や体の能力が、低下していく。

その分、知識や経験値は増えていくけど。

 

お金は、働けば手に入るし、
どうやって稼ぐかも、選べる。

人間関係だってそうさ。
誰とどう付き合っていくか、選べる。

でも時間は、なくなっていく一方なんだ。

こうしている間も、少しずつ。

 

時は命

ゆえに、時間=命という解釈ができる。

「時間の使い方」という表現だと、
スケジュール的な意味に聞こえる。

「命の使い方」という表現だと、
何だか重く、使命的な意味に聞こえる。

でもこれらは、同じ意味。

時間の使い方は、命の使い方

 

あなたは何の為に、
自分の命でもある時間を使いますか?

または、使ってきましたか?

そして、使っていきたいですか?

 

答えは、自分自身で決めるしかない。

自分の命は、自分のものだから。

別に、他人からの評価なんてどうでもいい。

生活の為に仕事して、
プライベートはひたすらゲームでもいい。

一生ニートだって良いと思うよ。
本当に心からそれを望むなら。

あ、でも自殺はなしね。
どう生きるか、って話だから。

さぁ、どうするの?

答えを出してみよう。

 

青春しよう

人それぞれ時間の使い方は違うけど、
簡潔にまとめると、青春すればいい。

青春とは、仲間と熱い今を駆け抜け、希望と感動を巻き起こすこと

これが楽しくないわけない。

いつか死ぬ時に「あんな時間を過ごせて幸せだった」って
思えるようなかけがえのない時間を過ごそう。

更に、もう1つ付け加えるなら、
青春は、成果が必要ない。
簡単に言うと、過程が大事。

高校野球で、一回戦敗退した人達も、
甲子園で優勝した人達も、
等しく青春してる。

できなくてもいいんだから、やってみようよ。

「このままじゃいけない」って思ってるならね。

変わらなくてもいい。変わろうとしたなら。

時間はどんどんなくなっていってる。

青春するチャンスは、誰にでもあるよ。

現状と自分に負けるな。

青春しようぜ☆