歳をとっていくと、脳が変化する。

難しい話を省いて要約すると、
記憶力が低下して、
感情の起伏が穏やかになるらしい。

まぁ、言われなくても何となく、
大体の人は知ってると思うけど。

 

今、俺は33歳。

確かに、一昔前と比べると、
とても穏やかになった。

全然怒らないし、冷静になった。

記憶力は、どうだろ?

衰えてる気はしないけど、
衰えてるのかな?

 

大人になると、酒を飲んで、
酔っぱらいながらはしゃぐことが、
当たり前になってくる。

それは、酔っぱらわないと、
そこまではしゃげないからかも。

よそよそしいというか、
表面上を取り繕う大人ばかり。

10代でも、おとなしい人はいるけど、
それとはまた違う。

何も込み上げてこないというか、
自分の人生を生きてないというか、
心や感情が表面化してない感じ。

 

でも反対に、ある程度の年齢になると、
涙もろくなる人が多い。

自分もそうだけど、
10代の頃は、映画やドラマを観ても、
全然泣いたことがなかった。

でも20代中盤になると、
青春系の作品に対しては、
涙もろくなった。

俺の友達なんて、
妊婦さんを見ただけで泣くに(笑)。

あのお腹に生命が宿ってるかと思うと、
感動して涙がこみあげてくるらしい。

ま、そんなことで泣く人は、
さすがに特別過ぎると思うけど(笑)。

 

大人になると感情が落ち着くという、
脳科学的見解。

大人になると涙もろくなるという、
現実的な事実。

この相反する2つの事実は、
一体どっちが正しいんだろ。

泣くのは寂しいから?感性が高まるから?

感情が落ち着くのは、
素の自分でいる時間が少ないから?

感情が落ち着くのと、涙もろくなるのは、
同時進行なのかもしれないね。

 

怒りとか悲しみの感情が落ち着くのは、
とても良いことだと思うけど。

喜びや明るい感情は、
いつまでも持ち続けていたいよね。

「もうこんな歳だから」って言って、
色んなことを諦めたりして、
静かに過ごしたくない。

「青春しようぜ」って言って、
いつまでも元気にバカやってたい。

いくつになっても、自分らしく、
やりたいことをやっていたい。

楽しい毎日と送りたいし、
大好きな仲間や恋人や家族と、
一緒に笑い合っていたい。

だから青春しようぜ。

歳とったら感情が落ち着くなんて、
そんなの知ったこっちゃない!

過去に信じられていたことが、
最近になって違っていたって、
証明されることだってあるしさ。

お偉い脳科学者達の言葉なんて、
思いっきり無視してやるぜ!

いや、むしろ蹴散らす!

理屈だけじゃ説明できないこともある。

いくつになっても、大人になっても、
青春できるって、俺が証明してやるよ!!