この間、友達に言われた。

「青春って、恋愛のことだと思ってた。」

は?嘘でしょ?ばかじゃないの?

そう思ってたら、別の友達が、

「うん。学生の恋愛って感じ。」

どどどどどうなってんだー!?

でも確かに、「青春 イラスト」で、
ネット検索してみると、
出てくる出てくる。
恋愛してる男女のイラストだらけ!

これぞまさに、思春期と青春を、
混在して認識してる証拠!

しかしこれも世間の貴重な意見。

青春の何たるかを、
説教してやりたい衝動を抑えつつ、
落ち着いて考えてみた。

 

確かに、思春期といえば恋愛だ。

成長期の男女の性差が広がり、
異性を強く意識するようになる。

だから、思春期が恋愛という認識は、
間違っていないと思う。

 

ここでおさらいをしておこう。

思春期とは、心身共に成熟していく時期。

特に成長期と言われる11歳~18歳は、
目まぐるしい程早いスピードで、
子供から大人になっていく。

思春期は、十代・学生時代の特権。

その時期にしかないもの。

 

それに対して青春とは、
仲間と熱い今を駆け抜け、
希望と感動を巻き起こすこと。

年齢や環境は問わない。

だからこそ、大人でも青春できる。

十代・学生の特権なんかじゃない。

その証拠に、実際に青春してる大人は、
少数かもしれないけど、確かにいる。

 

でもそんなことを言っても、
世間の認識はやはり、
思春期と青春は同じというわけ。

でもまぁうん。それはしょうがない!

世間の常識を、
無理矢理変えようとは思わないし、
恋愛は青春って思われても、
青春が素晴らしいってことには、
変わらないからね。

 

しかし恋愛かー。

確かに言われてみれば、
十代・学生の恋愛は、
無条件で青春の匂いがする!(笑)

でも大人の恋愛になると、
青春って感じが薄れるんだよなー。

やっぱ初々しさ?若さ?うぶだから?

でも何かちょっと、青春のヒントが、
見え隠れしてるような・・。

心の高鳴りとか、感情の強さとか?

気持ちの若さは、青春の要素の1つ。

若さか。青春は若い時期のものって、
世間では認識されてる。

でもそれは違う。

違うけど、青春してる大人は、
気持ちや行動面では、確かに若い。
心の若さっていうのかな。

あー青春て、考えれば考える程、
奥が深くて、未知なるものだよなー。

青春って、日本語でしかないし。

ちなみに、英語ではユース。
十代って意味で無理矢理翻訳されてる。

青春って言葉を作った人は、
どんな意味と定義と気持ちで、
この言葉を作り出したんだろう。

仲間と熱い今を駆け抜け、
希望と感動を巻き起こす。

これは、真の青春の定義ではないのかな?

青春自体、1種類じゃないし。

色んな青春がある。

もっと青春の研究を進めて行こう。

まだ辿り着いてない答えは、
きっとまだ沢山あると思うから。

 

結論!

恋愛は青春と認めます。

若さも青春と認めます。

ただし!

真剣な恋愛限定。

若さも、年齢ではなく気持ちね。

そこ大事!

Follow me!