数えきれないくらい沢山の人達が、
この世に生まれてきて、生きている。

せっかく生まれて来たんだから、
幸せで楽しい人生を送ることが
一番良いと思う。

 

でも、ずっと楽しいわけじゃないし、
幸せな時間しかないわけじゃない。

悲しい時もあれば、苦しい時もある。

そんなマイナスな感情や状況も、
実は人生には必要だったりする。

 

 

お金と時間があるだけでは
幸せにはなれない

現在の俺は、借金生活をしてまで、
自由で好きなことをして暮らしている。

時間は完全に自由だし、
お金もある程度は好きに使える。

それでも好きなこと以外のこともするし、
楽しいことや幸せなことばかりじゃない。

いやむしろ、全然楽しくないし、
全然幸せじゃないと感じてる。

 

不思議だよね。自分でもそう思う。

自由な時間があって
好きに使えるお金があれば、
楽しくて幸せになれると思ってた。

でもそれは大きな間違いだった。

 

 

日本人の生活は凄く恵まれていて、
生活水準も安全性も高い環境。

なのに幸福度は低いと答える人が多いし、
実際に自殺者やうつ病患者も多い。

この矛盾こそが、
生活の豊かさと幸福度が比例しない証拠。

今現在の自分自身の状況でもある。

 

時間とお金があればいいわけじゃない。

でも時間もお金も沢山欲しいよね。

 

時間とお金があるだけでは、
本当に幸せで楽しい人生は送れない。

つまり、幸福度を高めながら、
時間を作ってお金を稼ぐ必要がある。

では、どうすれば幸福度は高まるのか。

 

 

幸福度の水準

例えば発展途上国のスラム街の住人が、
平均的な日本人の生活を手に入れたら、
心の底から幸せを感じると思う。

数字で表すと、5点から80点に上がる。
つまり、+75点。

この変動値こそが幸福度。

 

逆に普段80点の生活をしていると、
70点になっただけで辛くなってしまう。

月収30万円の人が月収25万円になったら、
怒ったり悲しんだりするけど、
月収15万円の人が月収20万円になったら、
凄く嬉しいし幸せだと思うよね。

要するに、現状の水準が基準となり、
水準より上がれば幸せを感じ、
下がれば不幸だと思ってしまう。

これが幸福度の感じ方の正体。

 

 

謙虚と感謝が幸福度を高める

幸せな気持ちになりたかったら、
謙虚な気持ちと感謝の気持ちを
常に持ち続けること。

自分にとって当たり前のことが、
誰かにとっては羨ましいこと。

傲慢な気持ちで感謝もせずに生きていると、
当たり前の幸せを見失ってしまう。

本当は幸せなはずなのに、
幸せを感じることができなくなる。

それって凄く残念なことだし、
自分で自分を不幸にしてるようなもの。

 

ないものばかり考えてないで、
あるものにもちゃんと目を向けてみて。

きっと大切なものが沢山あるよ。

何かを変える前に、
ちゃんと自分の周りを確認してみて。

感謝するべきことやものは、
凄く沢山あることに気づけるはず。

 

 

幸せはすぐそこにある

ほとんどの人達は、
もうとっくに幸せなんだよ。

幸福度の水準が高いだけ。

俺達はいつだって自由に生きていける。

そのことを忘れないで。

幸せを求めつつ、感謝し続けて、
幸福度の高い人生を送っていってね!