前に会社務めしていた時と比べて、
無職の今の方が、やる気が低い。

何でこうなったのか、
ずっと疑問に思ってたけど、
ようやく答えに辿り着けた。

それは、満たされているから。

 

自由に好きなことをして生きてると、
必然的に嫌なことはしなくなる。

嫌な気持ちにもなりにくいし、
ストレスもかかりにくい。

負荷がない日々は満足感を生み、
何かを変える必要性がなくなる。

だからこそ、挑戦しないし、
やるべきこともやらなくなる。

それを堕落と言う人もいるし、
怠惰と言う人もいる。

どちらにせよ、あまり良くないね。

 

 

だけど、幸せや楽しさって、
みんなが追い求めるもの。

それを手に入れると堕落するなんて、
何だか切ない話。

 

どこかの教授が言ってたけど、
中学生で性行為をしてる人ほど、
高校を中退する確率が高いらしい。

日常的に快楽を味わってしまうと、
嫌なことを投げ出しがちになるのかも。

 

好きなことばかりしている反動で、
嫌いなことを余計にしたくなくなる。

楽しさや幸せが標準化してしまい、
嫌なこととの差が広がってしまうからだ。

 

その例としては、連休最終日の夜とか、
仕事が始まる月曜日の朝に、
出勤するのが凄くだるく感じるあの感覚。

あれこそまさに、
好きなことや自由に慣れたからこそ、
嫌なことが余計に嫌に感じる代表例。

俺も会社員時代はそうだった。

 

安月給でつまらない業務内容、
夢も希望もない現状から抜け出したくて、
強い気持ちを持って起業準備をしてた。

でもいざ退職すると、
自由に好きなことばかりし過ぎて、
起業準備は全然前に進まなかった。

「時間がない」と嘆いていた頃と、
無職状態を比べてみると、
まだ会社員時代の方が頑張ってた。

 

だからこそ自分を追い詰めて、
やらなきゃいけない状況にしたけど、
借金生活に足を踏み入れたところで、
モチベーションはそこまで変わらなかった。

自由に好きなことをする日々の中でも、
もちろん得られることはあるけど、
努力とスピードが全然足りてない。

 

 

そんな感じで、満足感は人を堕落させる。

とはいえ、満足感を感じながらも、
ちゃんと努力してる人もいるから、
全員に当てはまるわけじゃないけど、
大体の人は、楽な方へ流されやすくなる。

4ヶ月以上の無職期間を経て、
ようやくその事実を実感できた。

気づいた頃にはお金がなくなってて、
嫌なこともできなくなってて、
だいぶ困った状況になってたけどね(笑)。

 

 

さぁ、お次は、この状況からの突破方法。

職なし、金なし、人脈なし、実力なし、
実績なし、やる気なし。

こんな状態からの逆転劇が始まるよ。

難しいのは百も承知だけど、
できたら凄いドラマティックだよね!

 

このまま終わっていくか、
本当に大逆転劇が巻き起こるのか。

どっちだと思う?どっちに賭ける?

答えは未来で!