嫌いな人は嫌い。

人それぞれ好みや相性があって、
好きな人や嫌いな人がいるけど、
嫌いな人とは極力関わらなくていい。

立場や状況的に難しいかもしれないけど、
嫌いな人と関わらないことは、
楽しくて幸せな人生を送る為には、
かなり重要で必要なこと。

全く関わらないのは難しいなら、
せめて距離を置くとか、
関わる頻度を減らす努力はしよう。

嫌いな人なんて、
自分の人生や世界から除外していい。

 

短気

 

また当たり前のこと言うけど、
当たり前のことこそ忘れがちだから、
あえて言うよ。

嫌いな人とと関わるデメリット↓

 

・ストレスが溜まる

・嫌な気持ちになる

・嘘をつかされる

・利用される

・時間などを奪われる

・衝突する

・不自然な表情になる

・ムカつく、イラつく

・機嫌が悪くなる

・愚痴や文句が増える

・心身共に不健康になる

 

といった感じで、デメリットだらけ。

こういう内容を書いてると、
嫌いな人が頭に思い浮かんできて、
本当に嫌な気分になる(笑)。

だからこそ、嫌いな人のことなんて、
徹底的に除外するのがベスト。

 

喫茶店

 

とは言っても、職場やご近所さんなど、
嫌いな人との関りがなくせない状況もある。

嫌いな人を除外したいからといって、
転職や引っ越しを繰り返していたら
キリがない。

どこにだって合わない人はいるし、
そういう人達とうまくやっていくのも、
社会人としては必要なこと。

そこが難しいところ。

 

結論からいうと、いくら嫌いな人でも、
自分の生活から除外できないことはある。

それはしょうがない事実。

 

ただ、できるだけ除外したり、
関わる時間を減らすことはできる。

その方法は、人や状況によるから、
一概にこうとは言えないけど。

転職や引っ越しも方法の1つだし、
あえて嫌いという意思表示をすることで、
距離感を取り合うのも悪くない。

良い所を探したり、合わせることで、
嫌いという感情を薄めることもできる。

それもある意味、
嫌いな人を除外することになる。

 

 

どんな人間関係においても、
無理はし過ぎないこと。

それは人間関係の鉄則。

好きな人とはなるべく一緒にいて、
嫌いな人とはなるべく離れる。

 

時間は有限で、減る一方の貴重な財産。

それを嫌いな人の為なんかに
使いたくないよね。

 

嫌いな人が好きな人になったり、
敵が味方になる時もあるけど、
その辺は運次第なところもあるし、
未来がどうなるかなんて分からない。

でも、そんな「もしも」を考えたら
キリがないことも確か。

だからあえて言うのは、
嫌いな人を排除した方が良いってこと。

 

無駄な時間を過ごしてる暇はない。

好きなことを好きな人として生きていこう。

その方が、楽しくて幸せだよ。