夏祭と言えば、皆は何を思い浮かべるかな。

花火大会があって、屋台が並んでて、
色んな人達が賑やかに集まってる感じ?

 

祭はさ、自分が祭だと思えば祭なのだよ。

夏祭と言うからには、やっぱ夏限定なわけだけど。

ざっくり、5月後半~9月末くらいが夏かな。

そして祭と言うからには、夜なのだよ。

つまり、5月後半~9月末の夜の時間帯に、
熱い遊びや集まりや戦いがあれば、それすなわち夏祭!!

じゃあ昼間にやってるフェスやBBQは?って?

それは、まんまフェスやBBQだよ(笑)。

 

夏の夜は、他の季節よりも熱い。

暗くなるのも遅いし、明るくなるのも早いから、短い時間。

だからこそ貴重というか、その間に盛り上がろうぜぇ!って感じ。

ビアガーデンも、夏限定のイベント。

暑いからこそ、いつまでも外にいられるのも、夏の特権だ。

 

薄着なのも良いよね。

男女問わずさ、お互いのスタイルが分かりやすくていいじゃん♪

冬とか厚着してる時は、見えない部分が多いからさ。

それはそれで想像が膨らんで楽しいのかもしれないけど。

夏は薄着だからこそ、身軽で活発に動きやすい。

俺は一人暮らしだから、部屋で一人でいる時は、常に裸。

寝ても起きても裸さ。最高に気持ち良いぜ!

 

あとは、誰もが学生時代は夏休みがあって、
1年で一番思いっきり自由に遊べた時期。

大人になっても、その記憶や経験は、体や頭のどこかに残ってる。

だから夏になると、理屈抜きで心が躍り出し、高ぶるんだ。

「さぁ、この灼熱の季節が来たぞ」
「今年の夏は、何をしでかすんだい?」
「イベントだらけだから、寝てる暇ねーぞ」
「好きなだけ暴れるぜ!」

ってな感じで、心が叫び出すんだ。

ま、社会人となった今じゃ、
学生時代の夏休み程自由に遊べないけどね(笑)。

 

「夏と言えばこれ!」というイベントが、
大小問わず、次々と開催されている。

ビアガーデンにも行ったし、ラフティング(川下り)もする。

ちょっぴり刺激的なことも、初めての挑戦もしてみたい。

少しずつ、でも確実に夏は熱さを増していく。

6月半ばにして既に、夏の思い出がどんどん増えている。

もっと青春したい。せざるを得ない。

 

今年の夏は、高校卒業してから一番自由な夏。

だからきっと、ありえないくらい楽しい夏になる。

今までやりたくてもできなかったこと、沢山やろう。

皆もさ、思いっきりハッチャけちゃおーぜ☆

仕事なんて、本当はどうでもいいだろ?(笑)

でもプライベートでは、思いっきり笑顔でいようよ。

太陽に負けないくらい、熱く眩しく輝こうぜ!

 

俺は俺の夏を、君は君の夏を、お互い存分に楽しもうぜ。

各地で青春の夏を巻き起こすんだ。

そしてどこかで、俺と君の夏が交われたら最高だ!

さぁ!夏をひた走る準備はできたか?

できてないなら、今すぐアロハシャツを買いに行け!

左手にはウクレレを!右手にはタンバリンを!

え?それじゃあウクレレを弾けやしないって?

バッキャロウ!それをどうにかするのがお前の役目だろが!

ウクレレは弾くものって常識を打ち破れ!

そうだ!ウクレレは弾くものじゃない。振るものさ!←初耳

こんなノリでどーよ!?

起業準備を犠牲にしてでも、この夏を熱く駆け抜けるぜ!

青春の定義は、仲間と熱い今を駆け抜け、希望と感動を巻き起こすこと

夏は1年で一番青春できる季節なんだ。

さぁ!青春しようぜ!