現代において、モバイルゲームがとても流行っている。

CMでも、モバイルゲームばかりで、テレビゲームのCMは見なくなった。

スマホさえあれば、いつでもどこでも手軽に遊べて、基本的には無料。

これが流行らないわけがない。

しかも、システム・画質・音楽など、全ての面において、テレビゲームよりも低品質でOK。

作り手からしても、手軽に製作できる。

実によくできた市場。

 

しかし

 

現実の世界はどうなったか。

 

テレビゲームは、ソフト自体を数千円出して買えば、それ以上の出費は基本的にはない。

しかし、モバイルゲームの課金システムは、無限に出費が増えることがある。

何十万、何百万円もの出費になる場合もある。

たかがアイテムやカードやレベルアップの為に。

今は一番良い物でも、週単位・月単位で価値は大きく下がる。

そしてもっと良い物がリリースされ、その度にまた課金をする。

現実世界では何も意味がないデジタルデータに、現実で大きな価値をもつ現金をつぎこむ。

こんな不健全な投資はない。

理解できないが、借金をしてまで課金する人もいる。

モバイルゲームの中での強さなんて価値がないってことに気づけずに。

 

そして、現実世界では何が起きているか。

 

スマホをひたすらタッチ。

暇な時間を埋め尽くす程に。

暇ではない時間すらも飲み込むように。

家族や恋人や友人、仕事仲間などの現実の人との会話や関わりをなくしてまで。

新しい人間関係を構築する可能性をなくしてまで。

 

モバイルゲーム

それは、よくできた市場。

そして、現代に蝕むデジタル製の病。

 

モバイルゲームにいくら時間とお金をかけても、人生は幸せにはならない。

モバイルゲームに費やしている時間を、他の事に費やすべきだ。

でなければ、モバイルゲームなんかには目もくれず日々精進している人達との格差は広がる一方だ。

 

モバイルゲームは、時間・金(仕事をしない、営業成績が落ちる等、間接的にも)・大切な人を失う原因になる。

 

時は命。時間の使い方は、命の使い方。

大切な命を、無駄に削るな。