1. 生きていく中で、誰もが、
    出会いと別れを繰り返していく。

いつ出会って、いつ別れるか、
分からない時の方が多い。

出会いも別れも、
嬉しいことも、悲しいことも、
突然やってくる時がある。

出会いは良いことで、
別れは悪いことってイメージ。

たった1人との出会いが、
一生続く関係になる時もある。

たった1人との別れが、
後の人生をつまらなくする時もある。

出会うことで別れが生まれ、
分かれることで出会いが生まれる。

そう考えれば、
嬉しさは悲しみの始まりで、
悲しみは嬉しさの始まり。

だから俺たちにできることは、
今を大切に生きることだけなんだ。

 

恋人が欲しかったり、
友達を増やしたいって思って、
実際にできると、
それはそれで問題が発生したり。

人間関係が築かれているからこそ、
傷ついたり、悲しくなる時もある。

だからといって、独りぼっちは嫌で。

結局、誰かとの繋がりを求める。

でも手に入れたら、
何かの邪魔や障害になる場合もある。

元々、凄く求めていた人でも。

時間が経つと、繋がっていることに慣れ、
欲しかったものが、いらなくなる時もある。

人の心って、時に凄く残酷。

傍にいる時は当たり前なのに、
離れると、良い想い出ばかり甦る。

ほんのささいな時間が、
とても輝いていて、幸せに思える。

 

独りぼっちも嫌だけど、
ぎっしり詰まったスケジュールも嫌。

大好きな友達や彼女と一緒に、
何かをするのは、とても楽しいけど。

その先に何があるんだろうって、
少し冷めた考えが思い浮かんでしまう。

今この瞬間を大事にして、
今に集中することも大事。

でも今さえ良ければいいってわけじゃない。

将来を見据えて、考えたり、
行動することも大事。

でも先のことばかり考え過ぎて、
今をないがしろにしてはいけない。

それは自分自身にも当てはまるし、
他人との関係性にも当てはまる。

どんな人と出会うべきで、
どんな人と別れるべきなんて、
分からない。

自分さえ良ければいいって考えは、
人の心を踏みにじるし、冷たい。

他人さえ良ければいいって考えは、
自分を失くすし、自己犠牲が強い。

深く考えれば考える程、難しく思えてくる。

 

時間は1日24時間しかないし、
体も1つしかないから、
人間関係の構築にも限界がある。

誰と関わるかと同じくらい、
誰と関わらないかも大事。

でもつい欲張って、
色んな人達と関わりたがる。

誰かと関わる時間も、
一人の時間も大事だけど、
人は人と関わらずに青春できない。

だから別れを恐れずに、
新しい出会いを求めていこう。

そうすればその内、
自分の人生にとって、
なくてはならない人と、
繋がりを持てるようになるから。