月曜日の朝は、気が滅入る。

休日は、本当の自分でいられるし、
希望や理想を持っていられる。

真剣に悩む時もあるし、
将来のことを考えたりもする。

でも、平日の仕事になると、
しがないなーって思う。

 

仕事中に言われることや言うこと、
全てが本当はどうでもいい。

こんなことに、どれだけの時間を、
費やし続けてるんだろう。

勿論、良いことも沢山ある。

青春同好会だって、
この会社の社員が大半だし。

プライベートで遊ぶ友達もできた。

マネジメントスキルも身に付いた。

それでも、ここで働き続ける限り、
未来に希望が見えない。

今の会社がダメってよりは、
自分の思い描く未来の通りでないと、
きっと満足できない。

 

いくら考えてみても、悩んでも、
結局変わらないことばかりで。

常にどこか不満を抱きながら、
それでも何か変えなきゃって、
誰にも知られず、もがいてる。

嫌だ嫌だって思いながら、
やるべきことをこなす。

こんなんじゃない。ここじゃない。
これじゃあ何も変わらないって、
思う間にも、時間は流れていく。

大人になると、意志とは関係なく、
やるべきことが溢れている。

それらをこなしている間に、
寝る時間がやってくる。

寝て起きたら、また仕事が始まる。

そんなしがない日々の循環。

その循環の繰り返しにより、
歳を取っていく。

休日にいくら楽しんだって、
笑ったって、喜んだって、
仕事が始まれば、自分を失くす。

それが仕事モード。

多くの大人がしている切り替え。

それは正しいことで、そうあるべき姿。

多くの人にとって、
社会に貢献するということは、
社会の歯車になるということ。

本当の自分を隠して、
仕事にふさわしい自分に切り替える。

そうしないと、生活していけないから。

 

好きで楽しい仕事をすることは、
とても幸せなこと。

更に、高い年収を得たり、
自由な時間を確保できれば、最高。

でも、そこに到達する為には、
人並外れた才能と努力が必要。

だから結局、社会の歯車になることは、
辛く、苦しいことの繰り返し。

 

皆、必死に戦ってる。

ふさわしい自分を演じながらも、
本当の自分を見失わないように、
負けないように、頑張ってる。

時に自分を犠牲にして、時に自分を貫く。

人は、働く為に生きてるわけじゃない。
幸せに生きる為に働いてる。

だから、幸せになれないのなら、
働く意味なんてないんだ。

 

自分をないがしろにするのはやめよう。

ただ耐えるのはやめよう。

自分の進むべき道から、
外れないで歩いて行こう。

正しさや義務ではなく、
自分の心が求める何かを、
一番大切にして、生きていこう。

自分らしく。まっすぐに。