楽しくする意識

凄く企画力の高い人と出会った。

企画力と言っても、ビジネス系ではなく、
イベント系やミッション系。

簡単に言えば、遊びや楽しいことの企画。

普通の大人なら、めんどくさいと思うことも、
思いついたからやってみる感じ。

それって凄く青春っぽいなーって思った。

本人に聞いてみると、普段から、
何をしたら楽しくなるか考えてるらしい。

この意識って、大人にとっては実は難しいこと。

俺も見習わなきゃって思った。

何をするべきか、休日の予定等は、
結構皆考えてると思うんだけど、
日常レベルで考えてる人は珍しい。

 

例えば、何かを決める時。

てっとり早くジャンケンで決めるのではなく、
紙とペンを取り出して、あみだくじを作る。

これだけでも全然違う。

確かに手間と時間はジャンケンよりかかるけど、
楽しいし、ワクワクするんだよね。

たこ焼きを作る時に、1つだけ沢山からしが入ってたり。
青のりをかけようとしてる人の手を叩いて沢山出したり。
男の顔に化粧をして、オカマ風に仕上げたり。

ちょっとしたイタズラも、その場を盛り上げる。

相手との距離感を知った上でする必要があるけどね(笑)。

 

こういう、楽しくする為の意識や行動って、
大人になればなる程なくなっていく。

無邪気さや好奇心が失われていくから。

自分が他人にどう思われているか、
自分と他人を比較してみたりとか、
そんな下らないことばかり考えるようになる。

それって、つまらない。

そんなことより、その場をどう楽しく過ごすか。

どうしたら皆が笑ってくれるのか。

そう考えて行動する方が、断然楽しいに決まってる。

 

イベント

仕事としてイベントを開催する場合、
集客しなければいけないし、
それなりのクオリティを求められる。

それが難しいんだけど、プライベートのイベントは、
友達や知り合いを呼べばいいだけ。

友達が何人か集まってイベントをやれば、
大概、内容はどんなものでも楽しい。

ただの遠出だって、立派なイベントさ。

合コン、バーベキューなんかもね。

イベントは皆大好き。イベントは青春。

どんどんイベントを開催したり、参加した方が楽しい。

青春Worldsの3大事業の1つである、
イベントプロデュースも、その為に進めていく。

まずはプライベートからでもいい。

皆が楽しく笑って、良い思い出を作ったり、
新しい人間関係の輪が作れたら良いな。

 

ミッション

ここでいうミッションとは、
小規模なイベントや目標のこと。

イベントより手軽で短時間。

1人でもできるという利点がある。

「○○をしろ!」的な。

例えば仕事で「15時までに○○業務を完了しろ!」とか。

プライベートでは「お持ち帰りをしろ!」とか(笑)。

何でも、ミッションにしてみると、
面白いし、自然とテンションも上がる。

ミッションコンプリート!は嬉しいし、達成感がある。

ミッションファールド・・。は遊んでる感があって良い。

何となくこなすより、しっかり考えて行動できるようになる。

だから成功率も上がるというわけ。

ほら、良いことだらけでしょ?

少し難しい表現をすると、
何事にも目標を設定してみようってことだね。

 

イベントは青春である

学生時代でいうと、部活の大会や文化祭のように。

イベントは青春だ。

まぁ、全部が全部というわけじゃないけど。

難しいかもしれないけど、
イベントを企画して開催するような人が増えれば、
きっと世界はもっと素晴らしく、楽しくなる。

色んなことをミッションにすることで、
自分の成長率も高まるし、楽しくなれる。

こういう意識って、凄く大切。

何事も自分次第。

どう楽しむかって考える習慣が身に付けば、
継続もしやすくなるし、元気になれる。

思いついたことを実行するノリの良さって、
意外とチャンスを生かすコツだったりするし。

一度きりの人生、やりたいことをやり尽くして、
思いっきり楽しもうぜ!!

それが青春!!