友達と仲間の違いは、人それぞれ認識が違う。

友達だけど仲間って呼んでる人もいるし、
自分が好きなように呼べばいいと思う。

仲間の定義は、同じ目的で協力し合う人

友達の定義は、単純に仲良しさんかな?(笑)

だから友達でもあり仲間でもあるって人もいる。

確かなのは、青春するには仲間は必要不可欠ってこと。

仲間は、青春する為に一番大切だと思う。

青春じゃなくても、一番大切かもしれない。

よく言うじゃん。友達は最高の財産ってさ。

仕事仲間っていうと、半分強制的な気もするから、
絶対に大切って断言はできない。
むしろ敵だったりする時もあるくらい(笑)。

呑み仲間とか、趣味仲間でもいい。
そういう風に、好きで一緒にいる仲間は最高。

最初は誰もが知り合いで、少しずつ仲良くなっていく。

だから最初は、遊び友達とかでもいい。

友達とか仲間って、気づいたらなってるものだから。

そういう仲間の存在が、人生を充実させてくれる。

 

過去を振り返ってみても、たった1人の仲間の存在が、
今までの人生に大きな影響をもたらしたこともある。

絶望に暮れた時も、助けてくれた。支えてくれた。

ここ1ヵ月くらいのリア充っぷりも、
仲間の存在なしでは、実現できなかった。

本当に、ありがたいなって思う。

強い絆と信頼で結ばれた仲間は、
単純な5+5みたいな足し算じゃなくて、
5×5みたいな掛け算になる。

たった1人増えるだけで何倍にもなるし、
たった1人減るだけで、何分の1になる。

仲間の存在は、ありがちな言葉だけど、
悲しみは半分に、喜びは2倍にしてくれる。

そんなかけがえのない大切な存在。

 

青春の研究をすればする程、
仲間の重要性を思い知らされる。

仲間の為なら、いくらでも頑張れる。
真剣になれる。助けてあげたくなる。
一緒にいたいと思う。

青春シーンでも、仲間を救う場面が一番感動する。

1人じゃできないことでも、
仲間と一緒ならできたりする。

1人じゃできないことって、沢山あるから。

色んな力を結集して協力すれば、
奇跡だって起こせるような気がする。

現実は、そんなに甘くなくて、
うまくいかない時もあるだろうけど。

それでも、仲間と一緒に過ごした時間は、
とても大切な思い出になるし、
生まれた絆や信頼は、この先も続くから。

一人一人の仲間を、大切にしていこう。

 

仲間を作るっていうと、自分が誰かを選ぶ感じだけど、
誰かに選んでもらえる自分でいる必要もある。

誰かに必要とされる自分でいたいよね。

誰からも必要とされないなんて、寂し過ぎるから。

その為には、日々の自分磨きが重要で、
魅力や能力を高めることで、
仲間ができる可能性が高まる。

勿論それだけじゃなくて、
日々何をしているかも大切。

自分が楽しいと思えることや、夢でもいい。

まずは自分がしたいことが何か、ハッキリさせよう。

あとは行動あるのみ。

さぁ、大切な仲間を作ろうぜ!!

それが、青春に繋がるからさ!