時間の流れが早すぎる。

仕事をしていても、休日でも。

昨日、仕事が終わって、
17時半に帰宅してから、
今現在、丸1日経った16時。

食事や風呂は勿論、
青春の研究をしたり、ゲームもした。

音楽を録音して編集もしたし、
情報収集や確認もして、
誰かと連絡を取り合ったり、
昼寝もして、記事を書いたり、読書もした。

今日はたまたま1人だけど、
誰かと会ったりしていたら、
これらのこともできなかった。

気が付けば、日が暮れてる。

夜になって、数時間もすれば、
また寝て、新しい1週間が始まる。

1日のほとんどが、
仕事で埋まる平日が始まる。

空き時間を生き急いでも、
時間は足りない。

昔、よく言っていた、
暇だとか、何かすることないかなとか、
そんな言葉も、今では言わなくなった。

 

日々、流されて生き続けたら、
人生は、あっという間に終わるんだろうな。

もしかしたら、
充実した日々を過ごしたり、
頑張り続けていても。

今と同等かそれ以上に、
時間の流れは早いのかもしれない。

20代の頃は、
やりたいことをやり尽くして死にたいって、
思ってたけど。

今は、そこまでの時間なんてないって思う。

こんなに自由で、
恵まれた国に生きてるからこそ、
全てをやり切ることはできない。

だからこそ、何をするかと同じくらい、
何をしないかも大事。

何かをすれば、何かができなくなって、
何かをしなければ、何かができる。

そうして取捨選択しながら、
生きていくしかない。

 

生きていれば、
世界はどんどん変わっていく。

やりたいことが、やりたくなくなったり、
新しいやりたいことができたりもする。

そう考えると、自由な時間とお金が、
沢山ある状況になったとしても、
幸福感は、そこまで高くないかもしれない。

人の欲は絶えないから。

ずっと欲しかったものが手に入っても、
凄く大切なものを失っても、
時間が経てば、それが当たり前になる。

いつの間にか慣れてしまう。

そして、また何か新しいものを欲しがる。

それの繰り返し。

世界は、何かを生み出し、
提供して、手に入れることの繰り返し。

その循環は、宇宙規模の現象。

人も動物も、草や星も、
それを繰り返してる。

1人1人、1つ1つが、
世界の歯車として動き続ける。

流れ続ける時間の中で、
もがいたり、諦めたり、休みながら。

 

そうやって、色々考えてたら、
こうして生きていられることって、
凄く奇跡的なことだと思えた。

考えて、行動できること。
世界に存在できていること。
誰かと関われること。

当たり前だと思ってたことは、
実はとても素晴らしいこと。

だからこの世界は素晴らしい。

時間はないってか、少ないけど。

この世界に生きている間、
自分にしかできないことを、
精一杯やっていこう。

それが世界への恩返し。

青春しよっか。