大人になると、人それぞれ、
ライフスタイルの差が大きくなる。

平日休みの人、週末休みの人。
昼間に働く人、夜に働く人。

これらのライフスタイルが合わない相手とは、
仲良くなりにくいし、良好な人間関係を築きにくい。
特に恋愛ではね。

例えば、平日休みの人と週末休みの人が付き合うと、
いつ会うの?ってことになる。

会えるには会えるけど、会いにくい。

すれ違いのライフスタイルは、心の距離も縮まりにくい。

 

例えば、平日の昼間に働いて、週末休みの男が、
週末の夜に働いて、平日休みの女と付き合った場合。

深夜3時半に仕事が終わる女を迎えに行く。

そこから、喋ったり色々して、朝の7時に眠る。

8時間睡眠とした場合、15時に起きる。

そこから食事や支度をして、
17時に女を職場まで送っていく。

会えてもこんな感じ。
何だか切ないよね。どこにも行けないし。

 

住んでる場所もライフスタイルの一部。

近ければ近い程、会いやすい。

一緒にいられる時間も長くなる。

会う為にかかるお金も少ない。

例えば、県外の相手と市内の相手を比べた場合、
市内の人の方が、関係はうまくいきやすい。

 

更に、暇な時間の長さもライフスタイルの一部。

暇な人は、相手に構って欲しいと思う時間が多い。
暇じゃない人は、相手に費やす時間が少ない。

それもすれ違いの原因になる。

相手のことを尊重して理解できてればいいけど。

気持ちが大きいと、衝突する原因にもなる。

特に女性は「自分にどれだけ時間を割いてくれたか」を、
重視する傾向があるから。

 

なので、近くに住んでて、休みも同じで、
同じ位暇な人と付き合えばいい。

かと言えば、そうでもなくて。

なかなか会えないからこそ、
会えない時間に気持ちを大きくしたり、
会えた時の喜びや幸せが大きかったりする。

距離感があるからこそ、自由度が高く、
自分のライフスタイルを保てるメリットもある。

それが価値観の違い。

良好な人間関係を築く為には、
ライフスタイルと価値観が、
どれだけ合うかが重要。

遊び方や趣味も、価値観の一部。

仕事を重視するか、プライベートを重視するかも、
価値観の一部。

価値観とは、人間性や考え方

価値観が合えば仲良くなりやすく、
合わなければ仲良くなりにくいのは、
多くの人が経験上、認識しているよね。

 

平日休みの人は、他の人と休みが合いにくい。
だからこそ、狭く深い仲になりやすい。

週末休みの人は、他の人と休みが合いやすい。
だからこそ、広く浅い関係になりやすい。

それも人それぞれの価値観。

狭く深くか、広く浅くか。
どちらを求めるかは、本人の自由。

 

既婚者か独身かでも、ライフスタイルは大きく異なる。

自由に使える時間もお金も、全然違う。

子供がいれば、子育てという、
とても大変で、労力やコストを使うこともする。

 

ライフスタイルと価値観が、
その人の考え方や行動の基準になる。

時には他人に合わせることも必要。

でもまずは、自分のライフスタイルを確立して、
認識できるようにしよう。

そうすれば、仲良くなるべき人と、
そうでない人の区別がつきやすくなる。

時間は1日24時間で、体は1つしかないからさ。

なるべく上手に効率的に、
良好な人間関係を構築していこう。