反応は変えられる

ポジティブは良い。だって楽しいもの。

起きてしまった出来事は、変えられない。

これから起こる出来事も、変えられないことがある。

コントロールできないことを気にし過ぎても、
何も良いことはないし、時間がもったいない。

気にしてもしょうがないことは、気にするだけ損。

だからこそ、自分でコントロールできることに集中するべき。

出来事は変えられなくても、反応は変えられる。

同じ出来事でも、反応によって全然違うことになる。

悪いことを良いことに。良いことは、もっと良いことに。

自分次第で変えられる。それって凄く良いこと。

そうすれば、きっともっと幸せになれるし、
毎日楽しくなりやすいよ。

 

 

ポジティブになる方法

とにかく習慣化していくこと。

ポジティブな解釈をする。考える。

小さなことからポジティブ化していく。

ささいなことから始めていこう。

嫌なことがあった場合でも、
どうにかしてポジティブに考えてみる。

どんな出来事でも、自分の学びに変えられるし、
嫌な気持ちをマシにしていける。

ポジティブかどうかは、頭で考えること。

慣れれば、自然とポジティブな解釈や、
受け止め方ができるようになるよ。

俺は、ポジティブさなら誰にも負けない自信がある!(笑)

 

 

ポジティブ秘伝書

では実際に、どんなポジティブ変換があるか、
例を紹介していくよ。参考にしてみてね。

仕事で叱られる⇒教えてもらってる。
怒られてると受け取るか、
教えてもらってると受け取るかは、
自分次第。どっちが良い?

恋人にフラれた⇒新しい恋愛をするチャンス。
本命の恋人は、1人しか作れない(青春的には)。
フリーになるということは、本命の恋人を作る機会。
前の恋人と別れて良かったと思えるような、
新しい恋愛をしていこう。

友達が少ない⇒自由な時間が多い。
意外と大事だよ。空白の時間や暇な時間は。
やりたいことをやろう。自分らしく。
好きなことに没頭するのも楽しいよ!

危険な割り込み運転をされた⇒怒らなかった自分凄い!
怒らないことや感情をコントロールする能力は、
どんな状況においても、役に立つ。
人を許す心の広さも、魅力の内。
ストレス耐性を高めることにより、心が強くなる。

太ってきた⇒運動したり健康的になるキッカケ
運動は、とても健康に良い。
食生活や生活習慣を見直すキッカケにもなる。
それにより、寿命が延びたり、病気を予防できるかも。
ジムに通い、新しい友達ができるかも。

友達とケンカした⇒絆を深めるチャンス
衝突することは、悪い事ではない。
本音や感情をぶつけ合うことで得られるものもある。
仲直りした後は、きっと前よりもっと仲良くなれる。
さぁ、昨日ケンカしたアイツに、謝りに行こう!

入院した⇒死ななくて良かった!
入院する程のケガや病気をしたってことは、
0.1%くらいは死ぬ可能性があったぞ。
だから生き残れて良かったね♡
最低でも、まだ余命は残されてる!

 

いかがでした?

俺にかかれば、どんな出来事も、
ポジティブ変換してみせるぜ!

あなたも、是非挑戦してみてね!