あなたはポジティブ?それともネガティブ?

 

何事も前向きに考えるのはいいけど、
中にはダメなポジティブもある。

例えばギャンブルで
「今度こそ大勝できる!」と思い、
大金をつぎこんで返り討ちに合うとか。

ダメダメな彼氏に対して
「子供ができたら変わるかも」なんて
根拠もない希望を抱いてしまったり。

ダメなポジティブを挙げたらキリがない。

 

それでも世間一般的には、
ポジティブなことは良いことだし、
「ポジティブに生きよう!」と
言ったり書いたりしてるお偉いさんも多い。

ポジティブは良いこと?悪いこと?

実はポジティブには二種類あって、
良いポジティブと悪いポジティブがある。

 

 

二種類のポジティブ

良いポジティブに名前をつけるなら、
自発的ポジティブ

悪いポジティブに名前をつけるなら、
依存的ポジティブ

 

自発的ポジティブは、
自分の力や行動によって、
物事を良い方向へ持って行くこと。

依存的ポジティブは、
自分の力が及びにくい物や機械、
他人や運に結果を委ねること。

 

簡単に言うと、自力か他力か。

そこで二種類のポジティブに分かれる。

 

 

ポジティブと行動の関連性

「ポジティブに生きるべきか?」
という問いに対する答えは、
自発的ポジティブは良くて、
依存的ポジティブは良くない。

なぜなら、自発的ポジティブは
自分の考えと思いと行動が一致してるから。

 

理想に向かいたい考えと気持ちがあって、
そこに向かって行動するんだから、
前向きにポジティブになった方が良い。

逆に依存的ポジティブは、
理想に向かいたい考えと気持ちだけで、
実際の行動が伴わず、
コントロールできない運や物や人に頼る。

 

現状を変える為には行動が全て。

何もしなければ何も変わらない。

温室育ちの過保護な人達は、
困ってれば誰かが助けてくれたり、
何もしなくても状況が好転してたから、
自発的に行動を起こすことができない。

自己解決能力が低いからこそ、
自分以外の何かに依存してしまう。

周りに期待し過ぎてるとも言える。

そこに足元をすくわれる。

大切なものを失ったり、
取り返しのつかないことになりやすい。

他人や物や運に対しては、
過度の期待と依存をしちゃいけない。

 

 

自発的ポジティブになる方法

世の中でポジティブが推奨されているのは、
この自発的ポジティブ。

何事も前向きに考えて行動すれば、
理想の未来に近づきやすくなる。

その方が楽しいし、気持ちも晴れる。

「絶対にこうなる!」という強い気持ちが、
理想の未来を自ら引き寄せる。

 

とはいえ自分の気持ちは、
なぜか自分の思い通りにはできない。

考えたくないことを考えるし、
不安や不信感も、完全には消し去れない。

 

自発的ポジティブになる為には、
2つのことを意識する必要がある。

それは自分を褒めて認めてあげることと、
小さな成功体験を積み重ねること。

 

この2つの意識を無意識化できれば、
自信を持つことに繋がる。

ポジティブ思考は、言い換えれば自信。

自信を持っていれば自発的に行動できるし、
希望や理想を持ち続けることができる。

それはとても良い気分だよ。

そのまま青春にも繋がるし。

 

自分にできて当たり前のことでも、
他人からすれば難しいことがある。

当たり前だと思ってることでも、
実は凄い場合も珍しくない。

自分自身を認めて褒めてあげてね。

 

そして小さな成功体験を積み重ねれば、
何だか次もできそうな気がしてくる。

もちろん全てがうまくいくわけじゃないし、
できないことだってあるけど、
自信があれば、例えできなかったとしても、
「何でできなかったんだろう?」って
疑問に思って考えるようになる。

ここが重要で、
「やっぱ無理だったんだ」と思うと、
諦めて思考停止になってしまうから、
それを防ぐ為にも自信は大事。

 

つまり自発的ポジティブとは、
自信を持って生きること!

みんな、自分のこと過小評価し過ぎ!

もっと凄いし、できるんだから!

色々やってみてね(*^-^*)

気がついた頃には、
自発的ポジティブになってるよ!