たまに、自分が世界から、
おいてきぼりになってるような、
気持ちになる時がある。

気が付けば歳を取っているし、
月日はどんどん過ぎ去っていく。

独身だった友達が結婚して、
子供を産んだり家を建てる。

赤ちゃんが、少し会わない間に、
成長して子供になってる。

昔から知ってる芸能人が、
病気でこの世を去る。

バリバリ働いていた親が、
定年退職を迎える。

綺麗だった自分のアパートも、
汚れたり、ボロくなってる。

 

その間に、自分は、
どれだけ変わることができただろう。

時代の流れに、ついていけてるだろうか。

ちゃんとした大人になれただろうか。

成長したのはどこ?
退化したところはどこ?

考えてもしょうがないけど。

 

今の会社に入社してから、5年経った。

入社した当時の工場は、
今はもうスッキリ解体されて、
売地として、空き地になってる。

旧工場で過ごした思い出は、
記憶の中には微かに残ってるけど。

あの場所は、もうどこにもない。

 

通ってた高校は、少子化の為、
他の高校と合併して、
今は封鎖され、建物だけ残ってる。

4年付き合った彼女とも、別れた。

30代として生きることにも慣れた。

このまま世界は変わり続けて、
自分をおいてきぼりにして、
選ばれし者達だけが、
第一線で活躍していくのかな。

 

結局、自分1人の存在なんてちっぽけで。

誰でもいい、誰でもなれる歯車として、
社会のほんの一部を担っていく。

代わりはいくらでもいる。

いてもいなくても、
頑張ってても怠けてても、
世界は自分に気づかない。

おいてきぼりの存在。

 

常識も、どんどん移り変わる。

ケータイを持つことが当たり前になり、
スマホを持つことが当たり前になった。

情報発信と受信が、
容易にできるようになった。

8%の消費税にも、
いつの間にか順応してる。

車に乗って移動することも、
働いて給料をもらうことも、
いつの間にか当たり前になった。

それらには、改善もあれば、改悪もあって。

常識なんて知ったこっちゃないって、
吐き捨てて生きているつもりでも、
やはり時代の流れと世界の変化には、
抗い切れない部分もある。

いつの間にか、飲み込まれて、
紛れて、流されてる。

そんな世界で、本当の自分を見失って、
ふさわしい自分を演じ続けてる人は、
どれくらいいるだろう。

 

「所詮こんなもんだ」とか、
「大人だからしょうがない」とか、
「皆そうだから自分もそうする」とか、
言ってないで、思わないでさ。

世界にたった1人しかいない、
本当の自分を見失わないで。

その為にも、青春しよう。

本当はやりたいことや、好きなことが、
あるはずだよ。

忘れないで。思い出してみて。