【目次】※読了まで残り5分

・人生を懸けるべき大切なこと
・今の俺にとって最大の青春は小説の執筆
・好きって気持ちは正しい
・青春して夢を叶える

 

 

人生を懸けるべき大切なこと

24歳の時にウォーターボーイズを観て、
メッチャ青春したいと思って、
その気持ちが冷めないまま12年経った。

青春屋として起業したいと思ってたけど、
結局何をしたらいいのか分からないから、
とにかく自分が青春すると決めた。

 

それは仕事というより遊びに近くて、
最終的に起業したいけど、
今はフリーランスの方が合ってる。

やりたいことは山ほどあるけど、
全部同時にはできないから、
今情熱を持てることを優先させていく。

 

それは小説だったり、
金魚だったりするけど、
今、ありったけの情熱を捧げてる。

「そんなことがお金になるの?」
って思う人も多いだろうけど、
お金になるかどうかは、
そんなに大した問題じゃない。

 

やりたいことをやることが大事で、
お金を稼ぐことは重要じゃない。

お金がないと生活できないけど、
お金の為に我慢しまくったり、
やりたいことができないくらいなら、
お金なんていらない。

 

最初から長生きするつもりなんてなくて、
無難で安定した80年を過ごすくらいなら、
1~3年、人生の全てを懸けて生きたい。

 

少しずつ年老いて、
色んな事ができなくなって、
分からなくなっていくことに、
価値があるとは思えない。

むしろ恐れしかない。

 

20代~40代で、
老後のことを心配してる人も多いけど、
見えない未来の不安に囚われて
今を楽しめてないことの方が、
よっぽど心配するべきこと。

 

自分に向いてるか向いてないとか、
できるできないかじゃなくて、
選びたいものを選べているかどうか。

それが一番大切なんだよ。

 

 

今の俺にとって最大の青春は小説の執筆

じゃあ実際に今の俺にとって、
一番選びたいものは何かというと、
それは小説を書き進めること。

 

小説の執筆は、凄く楽しい。

実在する人物を物語に登場させ、
自分の頭と心で自由に思い描いた
世界観や物語を具現化していく。

それがめちゃくちゃ面白い。

 

更に、漫画やアニメ、ゲームや映画など、
色んなコンテンツに派生していける。

そこには無限の可能性がある。

 

小説は、今の俺が作ってるコンテンツで、
最も世界を変える可能性が高い。

今までの自分の人生や、
関わってきた人達や積み上げてきたもの
全てを注ぎ込むことで、
最高の作品を作ってみせる。

 

やるべきことが明確だから、
変に迷ったり悩むこともない。

動こうと思えばいくらでも動ける。

何をするべきか分かってるのは強い。

 

天才が書いてる小説はこちら↓

セネクトメア【第一話】

 

 

好きって気持ちは正しい

反社会的なことでない限り、
好きなことや情熱を持てるものは、
何でもいい。

他人に何を言われようと、
どんなに不可能なことでも、
情熱に逆らってはいけない。

 

まずは、自分の気持ちを、
自分自身が認めてあげること。

止められないほど大きな想いは、
大切にしてあげなきゃいけない。

 

まずは、自分の中に芽生えた情熱を、
「良い」「正しい」と認識して、
それに合わせた行動を選ぶ。

迷う必要なんてない。

好きなことややりたいことを、
我慢したって良いことない。

 

何をしたいか、何をするべきか、
気持ちの後に頭で考えてみる。

分からなければ、調べてみる。

答えは、必ずどこかにあるから。

 

 

青春して夢を叶える

ありきたりなことを言うけど、
夢を叶えた人は、夢を諦めなかった人。

正確には、諦められなかった人かも。

 

やらずにはいられないくらい、
熱い情熱を持っていたり、
困難に屈しなかった人だけが、
夢を叶えることができる。

 

叶わなかった時のことなんて考えない。

やりたいことと、やるべきことを、
ひたすらやり続ける。

正しい努力の答えは、
実はシンプルだったりする。

 

もし万が一、夢が叶わなくても大丈夫。

その過程や経験は、必ず青春になる。

それは人生において、
とても大切な自分だけの財産。

財産を積み上げていくんだから、
無駄なことなんてない。

 

人生を懸けて突き進むって、
最高に楽しいよ。

だからみんなも、好きなことして、
青春してみてね。