少しずつ失われる現実

夏祭りに行くと、小学生~高校生くらいの学生たちが沢山いる

明らかに中高校生くらいの女子を連れて、敬語で喋ってる男の子を見て、凄く微笑ましいと思った。部活の先輩と後輩なのかな?

36歳の俺から見たら二人とも子どもなんだけど、そんな子ども同士で先輩後輩の関係だったり、恋愛をしてると思うとかわいいよね。

 

さすがにそういう青春は、30代以上ではもうできない

誰にでも学生時代や思春期があるけど、もう戻れない現実も確かにある

 

確実に歳は取り続けるし、色んな意味で終わりに近づいていく

同じことを続けていれば、その分高まり続けることもあるけど、同時にいつまで経っても結果が出せていない現実から、自分の無力さを実感することもある。

 

でも現実を前にして諦めるより、希望を持って夢や理想を追い求め続けたいな☆

 

 

十代の自分と二度と戻れない今

自分の中高校生時代を振り返ると、わりと青春してたと思う。

もちろん後悔してることも沢山あるし、時代や他人のせいにして、むしゃくしゃしてた時期もあった。

我慢できないことや、納得できないことも沢山あった。

 

でもそれは、大人になっても同じ

年齢や環境は変わっても、その時々でできることもあれば、できないこともある

 

十代の頃は、他の同級生たちと同じように、早く大人になりたいという気持ちと、このまま学生でい続けたいという気持ちを同時に持っていた

 

何をしても何もしなくても、時間は進むし歳は取る

どんどん大人になっていくし、子どもには戻れない

 

もう二度と取り戻せないものって、凄く価値が高いように思えるよね。

だからこそ、二度と戻れない今を、大切にして生きていかなくちゃ

 

 

年齢と経験

十代や二十代の頃の経験を生かしたいと思うし、三十代以降に新しい経験をしたいとも思う。

気力や体力、賢さや柔軟性など、どんどん失っていくものもあるけど、これからも得られるものや伸ばせる部分もあると信じてる。

だってそうじゃなきゃ、これからの人生を生きていくのが嫌になっちゃうじゃん。

 

でも三十代になるまでに積み重ねた癖は、なかなか抜けない

今まで積み重ねてきた経験が、自分なりの答えを出してしまいがち。

それらは武器や魅力にもなるし、ブレーキや欠点にもなる

 

高い意識を持っていれば、誰でも「変わりたい」と思って、何かしようとする。

そういう気持ちを持ち続けることがとても大切。

青春することを諦めたら、人生は枯れていく一方だから。

 

 

未来に希望をもたらす青春の軌跡

年相応の生き方や考え方なんてしなくていい

できないことは増えていくかもしれないけど、できることはまだまだ沢山残されている

 

やりたいことができない人生なんて、「生きてる意味ある?」「何のために生きてるの?」って思う。

誰に否定されても、笑われて見下されても、自分が生きたいように生きなきゃ

 

十代の学生時代は、大人たちに守られたり、抑えつけられたりしながら生きてた。

そこから社会人になって、仕事を選んで働いて、お金を持つようになったら、自由が手に入ると思ってた

 

でも実際はそうじゃなかった。

大人には大人の不自由さや義務があって、失われていくものも沢山あった。

 

でも悲観的になることないよ。

運がいいことに、今は凄く良い時代

やりたいことや好きなことを実現させやすい現代は、青春しやすい時代でもある。

 

だから俺は、思いっきり青春して、仲間たちと一緒に熱い今を駆け抜けて、希望と感動を巻き起こして、最高の思い出を作っていく

まだまだ人生の最高潮を迎えてなんかいない。

苦しいことも大変なことも沢山あるけど、その過程すら最高だと思えるほど、素晴らしいエンディングを迎える

 

そしてそんな大人の姿を見た若者たちが、未来に希望を持てるようになってほしい

そんな青春の軌跡を、いつまでも創り続けるよ。

Follow me!